OPEN情報

素材を活かし堪能できる、地元人が愛する和食店・学芸大学「和彩 遊佐」

遊佐 伸博
素材を活かし堪能できる、地元人が愛する和食店・学芸大学「和彩 遊佐」

素材を活かし堪能できる、地元人が愛する和食店・学芸大学「和彩 遊佐」

目黒区・学芸大学
所得の高い層の人々が多く住み、質の高い飲食店が多い街。
最近ではさまざまなカフェができ、若者にも人気の街に変わり始めているそうです。

今回は、地元の方々に愛されている、実力派の和食店に伺いました!

 

 

「和彩 遊佐」
印象的な外観が目印。
商店街を抜けたところにあり、付近も落ち着いた雰囲気で、より存在感があります。

写真は昼ですが、夜に伺いました!
金曜日の夜でしたので、やはり満席!どのテーブルも楽しそう!
お料理以外にも日本酒も多く揃えられていて、厳選された日本酒をお供にさっそく注文。

 

 

「茄子の煮浸し」
とろとろの出汁がしみしみで美味しいです・・・!
一気に魅力に引き込まれます。

 

 

「刺身盛り合わせ」
一枚一枚肉厚があり、口いっぱい魚の味が広がります
しっかりとお刺身を味わえて満足できる一皿!

 



 

ここで珍味祭り!
「白子ポン酢」「あん肝」「カラスミ」
どれも私は初体験でした・・・!なんだか一気に大人の階段を上った気がする・・・!
そしてなんと、こちらのカラスミは店主・遊佐さんの自家製なんだとか!
本当に素材にこだわり、提供してくださっているんだなと感じます・・・
わあ~日本酒がすすみます!

 

 

「カレイの干物」
ホッケはよく食べますが、カレイを煮つけ以外で食べたことがなかったので、注文してみました
大きなカレイの身は柔らかく、ふわふわ!
カレイの新しい食べ方を教えていただきました

 

 

「牛すじの塩煮込み」
こちらも気になって注文してみました
牛すじの煮込みといえば、甘しょっぱい味が定番ですが、こちらは塩!
食べてみると、ほどよい塩っ気の汁に、ほろほろの牛すじが本当によく合います
本当に、遊佐さんの素材に対する探究心が素晴らしいなと感じました

 


 

最後は土鍋ご飯!選べなくて2種類!
「鯛の土鍋ご飯」は、鯛の身がふわふわで、出汁がほんとうによく染みています
〆のつもりが一人で全部食べれてしまいそうでした

「さつま芋の土鍋ご飯」は開けてびっくり!
大きなさつま芋がゴロンゴロンと入っていてなんと贅沢!
黄色というよりも金色!透き通っていて、美しい・・・!
ほくほくでほんのり甘くて、デザートに近いなと感じました

 

和彩 遊佐さんのお料理はどれも、素材を出し惜しみしない贅沢が味わえるお料理だと思いました
物足りないと感じることはなく、一つ一つが満足できるお料理ばかりでした
新しい発見もたくさんあり、まだまだ進化し続けるお料理たちに、地元の方々に愛される理由を知れたような気がしました
ご馳走様でした!

 

 

和彩 遊佐

住所:目黒区鷹番2-3-8 鏑木ビル1F
営業時間:昼 11:30~15:00(LO.14:00)/夜 17:00~23:00(LO.22:00)
平日~土 17:00~22:00(LO.21:30)(日・祝祭日)
定休日:月曜日
TEL:03-4283-3328
店舗情報【 HPFacebook食べログ 】

業種:
和食
予算:
面積:
21.12坪
地域:
目黒区
初期設備:
居抜き
この記事で紹介された人
遊佐 伸博さん

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.