メニュー

飲食店舗の居抜き物件 | 亀戸駅 一覧

検索条件: 亀戸駅 の居抜き物件の検索結果です。

2件中 1 - 2件を表示

亀戸周辺で居抜きで飲食店を開業するための町情報

平均賃料相場

平均坪単価

21,333円 (坪単価)

※2022年08月09日更新

※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。

亀戸駅の街情報

亀戸は、東京都江東区の北部エリアに位置し、繁華街・オフィス街・商店街・住宅街などさまざまな顔を持つ歴史ある街です。隣街の錦糸町とともに東京都から副都心として指定されており、都心へのアクセスも良いため徐々に人気が高まっています。かつて、工場・倉庫街のあった広い敷地には高層マンションやアパートがいくつも建てられ、古い町である割には古い物件は少ない印象を受けますが、もちろん下町の雰囲気が残るエリアも存在します。今後の街や住宅事情の変化にも注目されている歴史と人情の街、亀戸の特徴や魅力をお伝えします。 [prop station_id="248"]

隣接した駅から探す

亀戸駅で居抜き物件を探すためのエリア情報

駅の特徴

亀戸駅にはJR総武線と東武亀戸線が乗り入れ、接続駅となっている。

当駅が始発駅となる東武亀戸線は、亀戸から曳舟結ぶ全長3.4kmの短い路線。東京23区内では珍しくローカル線の雰囲気が漂っているが、亀戸駅では総武線、曳舟駅では東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)に接続し、都内でも重要な路線同士を結ぶ側面も持ち合わせる。

駅利用者数

1日の駅利用者数

JR総部線の乗車人数:43,343人(令和2年度)

※JRは乗車人数のみ発表

東武亀戸線:21,008人(令和2年度)

新型コロナウイルス禍の影響を受け、前年比ではJR総武線の乗車人数は約24%減、東武亀戸線の乗降客数は約22%減となっている。

住民が多く利用し、周辺にオフィスを構える企業もリモート化が難しい中小企業が主であることから、近隣の錦糸町駅(前年比の乗車人数−32.5%減)と比べると、駅利用者の減少率はやや抑えめである。

街の特徴

亀戸は都心に近いながらも、どことなくノスタルジックな雰囲気が残り、下町情緒のある街である。

オフィスも複数あるが、住宅街も形成されており、駅から少し離れた場所では女性や子供も住みやすい閑静な住宅エリアが広がっている。

駅にはアトレ亀戸が直結し、様々な店舗が出店。駅から離れた住宅街エリアには昔ならの商店が多い。衣食住に困ることはなく、住みやすい街として定評がある。

また、亀戸駅から15分ほど歩いた場所には、菅原道真が祀られ、学問の神様として名高い亀戸天神社(通称:亀戸天神)がある。

亀戸天神では年4回にわたって大きな祭事が開催され、多くの人が訪れている。学問にまつわる神社でもあるため、1月~2月の受験シーズンは特に来訪者数が増加する。

駅周辺の飲食店の傾向

駅周辺の飲食店はリーズナブルな価格帯で飲食ができる店舗が多い傾向にある。中でも中華料理店の割合が高く、エリア外からファンが訪れるような著名な店こそないものの、いわゆる「町の中華料理屋さん」が数多く出店。主に住民をターゲットに営業している。

全体的にはコストパフォーマンスをウリにする店舗が多く、「せんべろ」を打ち出した居酒屋や、500円のワンコインでボリュームのある弁当を購入できる店舗など、全体的に飲食店の客単価は低めとなっている。

中でも、1食200円の弁当や総重量1kg以上で555円の弁当を販売するキッチンDIVEはネットニュースやSNSを中心に話題となり、エリア外からも利用客が訪れている。

アクセスしやすい駅・エリア

総武線では都心の秋葉原・新宿方面や千葉方面から電車一本でアクセスが可能。

亀戸線は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)に接続しているため、北千住や埼玉方面からも少ない乗り換えでアクセスすることができる。

また、駅前には数多くのバスが発着している。錦糸町や両国といった周辺エリアはもちろんのこと、上野公園、浅草寿町、東大島、東陽町、日暮里、築地などの幅広いエリアにもバスがつながっている。

未公開情報をご紹介