用語集

ラーメン構造

ラーメン構造は柱と梁で骨格を作ってから壁を張る構造のことをいい、日本の木造建築でよく行われる方式です。土台となる基礎を作った上に柱を垂直に立ててから水平に梁を張って組み立てていきます。

この構造のメリットはどこでも出入口にすることが出来る点と、どこでも壁にすることが出来ますので、部屋を作るときにある程度融通が利くということでしょう。またリフォームを行う場合、リフォームしやすいのもメリットです。
骨組みの結合部はすべて一体化されていますので、互いに回転をすることができませんので、結合部には大きな力が加わることになります。ラーメン構造の場合、四角形が複数組み合わさりますので、力が加わると平行四辺形に変形しやすくなりますが、平行四辺形に変形しないように結合部を強く接合することによって、四角形を保つことが可能です。

ラーメン構造のメリットは開口を大きく取ることが可能になりますので、マンションなどの鉄筋コンクリートなどの建造物に使用されている建築方式はラーメン構造のものが多い傾向があります。
 

ラーメン構造のデメリットは、柱と梁で四角の部屋が積み上がっているため、壁が薄くなっていることです。木造アパートの場合、比較的壁が薄く仕上がってしまうため、隣人の物音がよく響いてしまう場合もあります。鉄筋コンクリートのマンションの場合は多少コンクリートの壁が厚く仕上がっている場合もありますが、多少は音が響きやすいので、部屋を探す場合は隣の物音が響くかどうかを壁に耳を当ててチェックされるとよいでしょう。

他にもラーメン構造の弱点は柱と梁の接合部分に外部からの力が加わりやすいため、地震が起こった場合、建物全体が横揺れしやすくなりますので注意が必要です。

ラーメン構造の建物は地震の横揺れに弱いのですが、壁式構造という壁を組み合わせて作る建築方法の場合、地震に強くなります。
分譲マンションなど持ち家を探す場合は、どのような建築方式を取っているかについても確認しながら物件を探されるとよいです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.