用語集

業態変更

業態変更とは飲食店などがお店のジャンルを変更して商売をすることで、お寿司屋さんがカフェを始めるというようなケースをいいます。ジャンルは変わっても物件としてそのお店そのものは利用できる物もあり、居ぬき物件などで業態変更をして利用出来る物を使って商売を始めるという事は良くあることと言っても良いかもしれません。

お店としては再出発ではありますが、飲食などのサービスをするという意味においては似たところもあり、ある程度のお客さんを見込むことが出来るというのがこの変更による再出発のメリットという事になるかもしれません。元ある物件を再利用している場合は初期投資が安く出来るという事もメリットと考えていいでしょう。

細かいところは作り直す必要があるでしょうが、躯体そのものは使えるので、大掛かりな変更をしないで早期に開業をすることが出来るという事もメリットと言っても良いかもしれません。最近はこうした業態変更が多くなってきているといっても良いかもしれません。
 

業態変更で最も気になるのが施設にかかる初期投資と言えるでしょう。これが大きくなってしまうとビジネスは軌道に乗る事はなく、終わってしまいます。逆にこれを抑えることが出来れば、大きなビジネスに飛躍させていく事も可能になる可能性があるという事になります。それぐらいに初期投資というのは大きな意味を持つものだという事です。

何しろ、この初期投資にかかった費用は商品価格やサービス価格に跳ね返ってくる事になるので、商品の売れ行きもこれで決まってしまう事があるからです。特にビジネスを始めたばかりというのはまだ信用がありませんから、価格で勝負をする必要があるのですが、その価格がいきなり高いというのでは、ビジネスを軌道に乗せることすら出来なくなるという事になってしまいます。

そのため、業態変更のような時でも出来るだけ似たような商売のテンポを使用して初期投資を抑えてビジネスを始めるのが今のビジネスの基本ともなっていると言っても良いかもしれません。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.