用語集

創業融資

創業融資とは起業して会社を創業する時に他社から資金の提供を受けることです。会社が初めて創られるわけですからたいていの場合において、資金がない場合が多いので、この時には民間の金融機関や国や地方自治体からお金を借りて、その資金を元にして事業を開始するところが多いと考えていいでしょう。

最近はネットビジネスのようにあまり創業時にお金がかからないでビジネスを始めることが出来るものも多くなっていますが、それでも全くコストをかけないで事業を始めることはまず出来ませんから、創業融資は事業をするには欠かすことが出来ない資金の調達方法という事になります。民間からの融資を受けると利息という大きな負担抱えることになるので、創業融資の時に一番考えたいのは、国や自治体の融資制度という事になるのかもしれません。国や自治体は支援を目的として融資をしてくれるので、場合によっては利息無しなどの民間ではあり得ない条件で融資をしてくれるケースもあります。
 

国や自治体は創業融資には力を入れていて積極的に創業する企業を応援しようとしています。これには理由があって、創業する人が出てくれば地域経済が活性化するという事があるからです。そこから雇用が生まれることもありますし、企業が成長して大きな企業となれば工場などの大きな産業施設が出来てくることも考えられます。

創業時はほとんどの会社が小さな規模ですが、小さくとも経済活動をして地域にお金の流れを生み出してくれることになるので、これは特別待遇をしてでも支援をしたいと考えるわけです。国や自治体にとって企業は税金を納めてくれるありがたい存在でもあり、地域を活性化するまたとない存在ですから、ある意味ではいかに多くの創業者を獲得するのかが国や自治体の一つの目標となっていると言っても良いかもしれません。

多くの人が経済活動をするようになれば、それだけ景気が良くなり経済が潤う事になるので国や自治体は積極的にこうした活動を支援するというわけです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.