Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

看板は残してアメリカの映画館風にリメイク。外枠と中の2本の仕切りと同じ色、素材の棒を横に渡して店名を取り付けた。右下にあるのは実際の住所の番地以下の数字。レトロっぽさとモダンな雰囲気が同居し、個性を放っている。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

床のタイル含め、中はすべて取り壊してスケルトン状態にしてからリフォームを施した。壁のみ、もともとの穴や傷を残した状態で白く塗って、“こなれた”雰囲気を演出。三角形の形状を生かし、三角形のテーブルを印象的に配置した。

Before

img_b01

After

img_a01

エントランスの扉は全面ガラスでオープンにもでき、開放感たっぷり。カウンターには季節のフルーツをディスプレイしてカラフルに演出予定。カウンター内のレイアウトは、スタッフ一人でも細部まで目が届くよう、動線を徹底的に意識した。

レビュー

12月1日にオープンしたばかりのこの店は、その名の通り、「BUBBLES(泡)」をテーマにしたカジュアルなジューススタンド&バー。青山一丁目駅から徒歩1分、1階路面店という最高の立地の物件は、もともとテイクアウト専門のカレー店だった。居抜き状態で契約したものの、長年の汚れや生活感、ニオイをすべて取り除くのは難しいと判明。理想の店に少しでも近づくべく、いったんスケルトンにしてから店づくりに取りかかった。天井は極力高くし、壁一面も白で統一したことで、実際よりも広く感じられるほか、抜け感も生まれた。白壁は朝のさわやかな雰囲気、夜のクールな雰囲気どちらにも対応できる。
「かかった費用は取り壊しに約100万円、リフォームに約600万円(設備含む)と少々予算オーバー。ですが、広さの割には収納スペースも多く確保でき、スタッフもお客さまもゆとりを持って動ける空間が作れました」(オーナー談)