Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

ファサードは白に塗り替え、明るい印象に。新調した提灯も定番イメージの赤ではなく白。入口に日本酒の瓶を並べてお店の特徴をより明確にしている。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

内装は、前店舗の大きなカウンターを活かした造りとなっている。壁を白く塗り替え、白地張りの椅子を新調することで、暗くなりがちな店内に明るさが生まれている。

Before

img_b03

After

「煙を気にせずお客様にジンギスカンを楽しんでいただきたい」という店長の想いから、強力なダクト(排煙管)を完備した。気になる周辺住民からの苦情も今のところ皆無で有り難いという。

レビュー

「ジンギスカン ゆきだるま中野部屋一門 亀戸部屋」は、JR 亀戸駅北口から徒歩3 分、2014 年6 月24 日にオープンしたジンギスカン料理店。本店の中野部屋は、元幕内力士・若孜の中尾浩規氏がオープンした。国内羊肉輸入量1%の希少なアイスランドシープ肉を厚切りで提供するスタイルが人気を集めている。店長(親方)の岡部光国さんは、元十両力士の玉ノ国。「人と接するのが好き」と、現役引退後、証券会社を経て、夢だった飲食店開業に乗り出した。「アイスランドシープはお腹にもたれずとってもヘルシーで美味しい。ぜひ多くの方々に楽しんでいただきたい」「これからも人気に奢らず、お客様に“来て良かった”と思っていただけるよう初心を忘れず頑張りたい」と語る。