契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
立地よりも「コンセプトの合致度」重視の物件選び
物件番号
55828
業態
洋食・レストラン
路線・駅名
小田急小田原線 下北沢
面積
20.71坪 / 68.45㎡
所在地
東京都世田谷区
坪単価
26,562円
徒歩
2分

ご契約者様のプロフィール
株式会社Bond Cuento 代表取締役 江口 貴博 様
六本木・総作料理店、ディズニーリゾート・和食レストラン等さまざまな店舗で、一貫して接客・ホール担当としてのキャリアを築いてきた江口様。御年21歳の若さで法人設立し、独立開業に臨まれた新進気鋭の経営者です!

 

【物件のお探しについて】内見物件は50件超!興味本位で訪れた街で出会った運命の物件

Q.本日はご契約ありがとうございます。物件探しは大変でしたか?

物件探しにかかった期間は約10ヶ月。その間に内見した物件はゆうに50件以上、立地だけ確認しに行った物件もあわせると100件は超えるかもしれません。当初はオフィス街で探していましたが、たまたま見つけたこの下北沢の物件に「綺麗そうだし中だけでも見ておくか」と興味本位で訪れたところ、希望していた坪単価や1階店舗という条件にも当てはまり、「自分のしたいことを表現できる」という手応えを感じて契約を決めました。最近ではあえて看板を出さない戦略の店もあるように、今はSNSや口コミの活用で売れる店がつくれる時代。この店も路地立地ですが、駅近、路面店という条件はそれほど重視していませんでした。今回の物件は満足度100%。一部の不動産会社では「すぐに申し込まないと他に決まってしまう」と不要なプレッシャーを与えてくるところもありましたが、ABC店舗さんは良い意味で放置してくれたので自分のペースで物件選びができて良かったです。

【新しく開くお店について】料理も接客も人の心が通うサービスを どんな料理でも注文できる「総作料理」の店

Q.長期間にわたる物件探し、本当におつかれさまでした!こちらの物件ではどんなお店を開かれるのですか?

和洋中ほかあらゆる料理を文字通りぜんぶ味わえる「総作料理」のお店です。57歳のベテラン料理長を中心に目下検討中ですが、シーザーサラダ、パルミジャーノのチーズパスタなどの名物メニューと共に和牛をひとつの目玉として提供します。猪、鹿といった特殊なジビエ肉が流行ですが、日本人が好きなのはやっぱり馴染みのある牛、豚といった肉。普段はなかなか口にできない高級和牛に手が届くようなお店にしたいです。実は私の実家が創業130年の老舗醤油醸造元なので、そこの醤油を使ったデザートなどちょっと変わったものも出す予定です。ただ、「総作」とはいっても在庫ロスがあるので膨大な数のメニューを作るつもりはなく、むしろ数を絞って代わりに「お好きなものがあればお作りします」というパーソナルなサービスを提供したい。最近ではマニュアルに決められたままに接客するロボット的店舗が多々見られますが、この店ではスタッフにまず全ての酒を試してもらい、自分の感覚でお客様におすすめしてもらえるようなスタイルを目指したいです。私も経験しましたが、マニュアル通りに働いていても心からの笑顔は出ない。スタッフがのびのび楽しく働ける店にしてこそ、お客様にも楽しんでいただけるのではと考えています。

【内外装について】階層ごとにくっきりテーマ分けして意外性を出す

Q.お伺いするだけでワクワクしてしまう構想ですね!ハンバーグ店の居抜き物件ですが、内外装はどのように変えていくご予定ですか?

1階店ながらロフトがあるこの物件を見て閃いたのは「階層ごとにテイストを変えてみたら?」ということでした。1階部分は現在の洋風の内装をほぼそのまま活用しますが、ロフト部分は畳敷き・玉砂利の純和風のお座敷にする。飲食店は覚えていただけるような印象的な店づくりにすることが大切です。最初はカフェ風店舗を考えていましたが、焼酎や日本酒なども置いて、フロアが違うと雰囲気も全然違うというと意外性が出せるのではないかと考えています。その他、年配の方でも安心なように階段をのばして歩きやすくしたいですね。下北沢に多い若い女性の2人連れをまずはターゲット層にして、ゆくゆくは地域密着型のお店、みんなが帰ってこれる家、おばあちゃんのうちみたいな店にしていきたい。その思いを込めて「おかえり」という店名にする予定です。先程お話したような細やかなサービスを提供する店としては20坪と広めの店舗と思いますが、今回、大手メディアの協力も仰げることになったので、思い切って大きく挑戦してみることとしました。飲食店経営を支援する様々なITサービスの実験の場としても活用していきます!

 

ありがとうございます!お料理・デザインとも個性抜群の人気店になること間違いなしですね!私共もオープンを心待ちにしております!

 

物件公開日
2016年11月4日(物件を探し始めてから10ヶ月)
内見日
2016年12月6日(物件が公開されてから33日)
申込日
2016年12月20日(物件の内見をされてから14日)
契約日
2017年1月18日(物件に申込をされてから29日)
物件取得 当初の予算
1000万円以内
物件取得 実際の金額
約780万円
予算の相違理由
ちょうど良い金額に収まった。
物件探しで苦労されたこと
満足できる物件に出会うまでに相当数の内見をこなさなければなからなかった。
この物件の担当者
名前
新井 拓也
紹介
本人は否定するが、情熱的な男、営業部 主任 新井。好きなものは、サ○リオ。 年齢に伴わない落ち着いた物腰で、後輩から羨望のまなざしを、会社からは期待のまなざしを受ける辣腕営業マン。