契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
飲食店多数出店の駒込・六義園目前で、幅広い層の集客を見込み契約!
物件番号
56168
業態
イタリアン・フレンチ
路線・駅名
JR山手線 駒込
面積
16.08坪 / 53.15㎡
所在地
東京都文京区
坪単価
18,037円
徒歩
4分
ご契約者様のプロフィール
刘 昊杰 様
2004年に来日。日本の飲食店で経験を積まれた後、スイーツ専門学校を卒業され、独立のため香港へ修業を兼ねた市場調査へ。帰国されて今回新規開業のため物件をご取得されました!

 

【独立について】まだ日本で知られていない香港スイーツを広めたい

Q.本日はご契約ありがとうございます。これまで、どのようなご経験を積まれてこられたのでしょうか。独立の経緯と併せて、お聞かせください。

以前から香港に行く機会が多く、香港のスイーツが大好きでした。日本ではまだ香港のスイーツを食べられるお店が少ないので、是非日本で紹介したいな、と思っていたんです。なので、独立を目指して日本の飲食店でホールと調理の両方の経験を積んだ後、スイーツ専門学校で修業し、半年程香港へ市場調査に行きました。香港スイーツは日本人にとても人気で、スイーツ目的で香港を訪れる人も多い。それほど求められている確信もあったので、独立開業を決断しました。

【物件探しについて】居抜きを20軒近く内見した上で、幅広い層にアピールできる立地と綺麗な造作を決め手に契約

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

去年の5月くらいから、居抜きに絞ってずっと探し続けていました。当初は渋谷や自由が丘の繁華街を希望していたのですが、やはりなかなか物件自体が出てこないのと予算オーバーでなかなか見つからなくて。20軒近く内見に行った中で、やっと条件的に合ったのがこの駒込の物件でした。現在の住まいからほど近く、造作も活用できそうだったことと、近隣住民の方や会社員、学生、観光客など、幅広い層の人が行き交う場所なので、新しい香港スイーツをアピールしがいがあるなと。前店はイタリアンだったということで店内の雰囲気もおしゃれですし、うまく活用できそうなイメージが湧きやすかったのもポイントが高かったです。

【新しいお店について】定番人気のタピオカミルクティーから日本未輸入の香港スイーツまで、新しい流行を生み出す店にしたい

Q.最後に、新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください

香港スイーツ専門店です。タピオカミルクティーや、マンゴーをふんだんに使用したスイーツなどを中心としたメニューにする予定。香港スイーツは全て栄養バランスが考えられたものなので、ヘルシー志向の方にも安心して召し上がっていただけるものばかり。マンゴーと100%マンゴー果汁、白玉をベースにしたものや、日本では珍しい黒もち米を使用したものなど、まだ日本にない香港スイーツもたくさん紹介していけたらと思っています。内装は居抜きを生かしつつ壁の色をナチュラルな白に塗り替え、くつろげるカフェのような空間にする予定です。テイクアウトも可能なので、1人でも多くの方に香港スイーツを味わっていただけるお店になるよう頑張ります!

 

まだ日本には入ってきていない香港スイーツが食べられるとは、非常に楽しみですね。新たなブームを巻き起こされること、期待しております!ありがとうございました!

 

物件公開日
2017年2月23日
内見日
2017年3月23日(物件が公開されてから30日)
申込日
2017年3月23日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年3月30日(物件に申込をされてから7日)
業態
カフェ
店名
花間糖品(かかんとうひん)
物件取得 実際の金額
約550万円
予算の相違理由
少し高い
物件探しで苦労されたこと
人気エリアは物件が出にくい上に家賃が高く、こだわっているとなかなか決められない。
この物件の担当者
名前
清水 千歌
紹介
コツコツやる努力家タイプの新人営業ウーマン。
物件の取得から、案内に至るまで細やかなサポートを心掛けてます。