契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
飲食トレンドを読み、検索エリアを拡大 結果、取得費用を大幅圧縮に成功する
<
物件番号
56144
業態
肉バル
路線・駅名
JR中央総武線・荻窪
面積
24.60㎡ / 7.44坪
所在地
杉並区上荻
坪単価
徒歩
1分
ご契約者様のプロフィール
松本 和之 様
飲食業界を中心にコンサルタント業務に従事。過去には、フランスのワイナリーでの勤務経験があり、ソムリエ資格も取得。飲食業界への造詣が深く、独立するならば飲食業界と狙いを絞り道の模索をする。この度、荻窪にて物件の取得に至る。

 

【物件探しについて】飲食トレンドを掴み、フットワーク軽くエリアを拡大 早期での物件取得へ

Q.物件探しはいかがでしたか?

物件探しを始めたのは、今年(2017年)5月からですね。これまでコンサルタントをしてきて、その経験から自分の携わっている仕事で独立をしたいと考えていました。残る費用面の問題も、出資をしてくれる方が出てきたことからクリアとなり、今回の物件探しに至りました。当初探していたのは、日本橋周辺を中心としたビジネスエリアのローサイドだったのですが、希望する居抜き物件が出てこなかったですね。徐々にエリアを広げている中で、中央総武線沿線でバル業態が熱い、ということを知ったので注意しながら物件探しを続けていたました。営業担当の湊さんには、いろいろな物件を紹介してもらい内見もしてきたのですが、申し込みをした物件はなかったです。やっと希望条件に近いこの物件を見つけたのですが、初めて見た時はどうなんだろうなあ、という思いはありました。中はスナック居抜きなので、手直しをする場所はかなり多いです。ただ、バル需要がある場所にも関わらず、近くでやっていたお店が撤退してしまった経緯や、荻窪にクライアント先もあり、十分に勝算があるエリアであることがわかっていたため、こちらの物件に決めました。初期費用は、取得が想定よりも低く抑えることができ、課題である店内の改装も、紹介してもらった内装業者の方から手直しをするべきポイントを丁寧に説明してもらったので、資金をかけるべきポイントが明確になったことも取得を決める要因です。また、余剰資金が生まれたため、なるべく早い段階で2店舗目に着手したいですね。

【新しいお店について】ワイナリーと共同開発した新感覚フレーバーソルト 和テイストで楽しむ黒毛和牛の逸品

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

こだわりの調味料で食べる黒毛和牛を使った料理と、厳選されたワインのマリアージュをリーズナブルな価格で楽しめる肉バルとなります。コンセプトにもなってくるのですが、ステーキが好きな人たちがどんどん集まってくる、そんなお店にしていきたいです。一番のオススメは、塩、ワサビ、醤油で食べる黒毛和牛を使用した厚さ5cmのハンバーグステーキですね。特に塩は、私が以前勤めていたワイナリーで特別に作られたもので、ワインのフレーバーをブドウ品種別に漬けているので、ワインはもちろん和牛との相性が抜群です。また、10種類前後のワインを常備し、もっとも美味しく楽しめる方法を提案していきます。例えば、ワインに応じた和牛の部位をペアリングで提供したり、ワインの劣化を防ぐための機械を導入したりと高級ワインをもっとも美味しくいただけるようにいたします。ディナーはコース料理をメインに、4,000~5,000円ほどで、ランチはお手軽に食べていただけるよう1,000~1,500円くらいになる予定です。

 

弊社の居抜き店舗にてご契約いただき、ありがとうございます。リトルモンスターを増やしていかなければなりませんね。オープンを、楽しみにお待ちしております!

 

物件公開日
2017年6月20日
内見日
2017年8月18日(物件が公開されてから約2ヶ月)
申込日
2017年8月29日(物件の内見をされてから11日)
契約日
2017年9月28日(物件に申込をされてから30日)
業態
肉バル
店名候補
ステーキモンスター
物件取得 実際の金額
約200万円
この物件の担当者
名前
湊 彩香