契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
30件の内見を経て理想の物件を取得!初の店舗は、趣味の写真と料理を一つに
物件番号
56214
状態
エスニック料理店
路線・駅名
千代田線・湯島駅
面積
57.02㎡ / 17.25坪
所在地
文京区湯島

徒歩
1分
ご契約者様のプロフィール
日本にきて3年。韓国では新聞社で20年以上勤務していた。仕事の関係で写真に触れるようになり、今では趣味でたくさんの写真を撮りためている。今回飲食店でもあり、そんな自身の作品を展示するギャラリー兼フォトスタジオを作るために物件探しを開始。上野広小路の物件を取得し、夢の実現へ第一歩を踏み出す。

 

【物件探しについて】決め手は広さとエリア 上野公園も近く韓国の友達も集まりやすい

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

物件探しを始めたのが昨年の春からなので、ちょうど一年が経ちました。第一希望は日比谷や銀座で考えていたんですが、なかなか物件がでてこなかったんです。そこで、自分の住んでいる場所からの利便性や、知り合いが多いエリア、また韓国から友達が遊びに来た時に寄りやすい場所ということを条件に、新橋や上野あたりまでエリアを広げていきました。

これまでに、30件くらいは内見をしたと思いますが、今回の上野広小路の物件は、今まで見た中でも一番よい物件でした。実は、その前に申し込んだ物件も二件ほどありましたが、一件は厨房が小さすぎたし、もう一件はスケルトンでお金がかかりすぎたりと、気になるところも多かったんです。

今回の物件は、最初の店舗としては少し広めと思われるかもしれませんが、もともと自分の撮りためた写真を展示したり、モデルを使って写真撮影ができるようなスタジオを作りたいと思っていたので、フォトギャラリーとスタジオを併設することを考えると、ちょうどいいサイズだったんです。最初は私の写真を展示する予定ですが、ゆくゆくはお客さんが撮った写真を展示したり、店を通じて、いろんな人に写真に触れてもらえるようなきっかけ作りができればいいなと思っています。

写真に親しみながら、韓国タパスを楽しめる店

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

私は、韓国料理のライセンスも持っているので、それを活かした韓国料理を提供したいと思っています。少量で沢山の種類を楽しめる韓国タパスが韓国でも人気なので、チジミやプルコギなどの定番料理を、ちょっとずつ食べれるようなスタイルで提供できたらと思っています。それ以外に、日本の居酒屋メニューなども加えて、お酒と一緒に楽しめる場所にしていきたいです。

料理に合わせるお酒も、ワイン・ビール・焼酎・日本酒などなんでもそろえる予定です。韓国のお酒としては、マッコリ・チャミスル・そして韓国で今人気の果実酢を使った酢サワーなどもそろえます。これは美容にも健康にも良いと言われていて、特に女性に人気なんです。〆には是非、冷麺を食べてもらいたいですね。

 

ABC店舗にてご契約いただき誠にありがとうございます。写真と韓国タパスという他に類をみないコンセプトのお店ということで、どんな空間に仕上がるのか今から完成が待ち遠しいです。写真を通じて、日本でのコミュニティがさらに広がっていくといいですね!オープンを楽しみにしております。

 

オープン予定日
2018年 5月 10日
業態
韓国タパスバル 兼フォトギャラリー&スタジオ