東京都中央区の馬喰町は、日本有数の問屋街として知られます。オフィスビルも多く建ち並び、ビジネスパーソンで活気づくオフィス街の一面もあれば、隅田川と神田川に囲まれる景観美も魅力的。今回は、そんなさまざまな表情を見せてくれる馬喰町の町情報をお届けします。

問屋街として発展してきた馬喰町の魅力

東京都中央区日本橋エリアに位置する馬喰町。正式の行政地名は、「日本橋馬喰町」であり、1丁目と2丁目で構成されます。神田川と隅田川に囲まれ、両国橋を越えると墨田区両国があります。周辺には日本橋小伝馬町や東日本橋、日本橋横山町、日本橋人形町があり、馬喰町は日本橋エリアの最北部に位置します。横山町と並び、日本を代表する問屋街としても有名です。

馬喰町の歴史

江戸時代の日本橋には、馬を管理するための「馬場(ばんば)」があったと言います。当時、富田半七と高木源兵衛というふたりの幕府博労(ばくろう)頭が管理していました。博労とは、牛馬の売買仲介を生業とする業者で、博労頭はそんな業者たちを取りまとめる組合長みたいな存在でした。やがて高木家が名主となり、周辺の町を「博労町」と呼ぶ習慣が根付きます。その名称から今日の馬喰町という名前が定着したようです。

明暦の大火(1657年)によって日本橋は大きく被災しますが、幕府が威信をかけて江戸の復興に取り組んだため、町の整備は急速に進みました。浅草御門や浅草橋のたもとに関東郡代(税を徴収するための代官)が置かれ、この地周辺には代官のための屋敷が多く建てられるようになります。それにともない、行商人が宿泊する旅籠屋や土産物を扱う問屋が増え、町は活気を呈するようになりました。

隣には、すでに問屋町として定着していた横山町がありました。そこから商人たちの進出もさかんに行われるようになります。小間物屋や化粧品店、煙草屋などさまざまな商いの場となり、今日の馬喰町問屋街の礎が築かれたのです。

日本を代表する問屋の街

日本橋馬喰町は、お隣の横山町とともに日本を代表する問屋街です。衣料品や雑貨、文房具など、生活シーンに欠かせない商品を中心に、大小およそ1,500におよぶ卸業者や店舗が軒を連ねています。「東京問屋街」や「浅草橋問屋街」あるいは「日本橋横山馬喰町新道通り」など、“衣料品関連ならこの地にないものはない”と言わしめるほど、その数は豊富です。店先には、流通のメインストリームでは見られないレアな商品が並ぶ光景も。つまり、ここには「世界でたったひとつしかない、自分だけのもの」が手に入る商店街とも言えるのです。

とは言え、基本的に問屋街ですので、ここを訪れるのはプロの業者ばかりです。平日は全国からたくさんの仕入れ業者がこの町に足を運び、商品に目を光らせているわけですが、中には個人向けの店舗もあります。馬喰町問屋街を訪れると、他の商店街ではめったに手に入らない希少価値のあるアイテムが見つかるかもしれません。

馬喰町問屋街の新時代に向けた取り組み

「日本屈指の問屋街」と言う称号を長らく頂いていた馬喰町ですが、近年の消費停滞、さらに少子化と言う将来的なリスクに備え、新たな対策が求められています。そこで馬喰町問屋街は横山町と合同で「問屋街活性化委員会」を結成しました。同委員会は、2016年3月から計3回、「問屋街生き残り戦略連続講演会」を開催。明治大学で教鞭を振るう岡田浩一教授(中小企業論)を招き、新しい時代における問屋街としての役割を語ってもらうことで、今後問屋街全体として取り組むべき対策の示唆を受けています。

さらに、同委員会は問屋街活性化に向けた中長期的なビジョンも模索。その中心的な柱として「ディープ問屋街」「工住混在商業エリア」「商業隣接都市居住型エリア」を打ち出しました。その中でも「ディープ問屋街」とは、問屋街としての伝統文化を残しつつ、建物の居住性や利便性を高めるためのリノベーションや、商業地としての魅力を発信していくフレームワークの構築といった、新しい時代にふさわしい方策を提案し、活気ある街づくりを目指しています。例えば、馬喰町問屋街にあった築40年以上の建物を、リノベーションによって雑貨店やギャラリー、飲食店が入居するハイソなビルディングに改装。馬喰町問屋街に瀟洒な雰囲気が加わり、注目を集めています。

そのビルディングには、ドイツ・オーストリア雑貨を取り扱う「マルクト」も入居しています。店舗の天井を白いペンキで塗装したビンテージ感が特徴のお店。外資系雑貨店でありながら、幅広い世代の客層に落ち着いて過ごしてもらえる空間を目指しています。このような系統の雑貨店は原宿や渋谷などには多いものの、馬喰町エリアにはなかなか見られなかった店舗だけに、新たな客層の確保に期待が持たれています。

馬喰町のアクセス情報

馬喰町住民の足を支えるのは、JR総武線「馬喰町駅」です。東京駅や御茶ノ水、新宿、千葉方面へのアクセスがスムーズです。さらに馬喰町横山駅で乗り換えれば都営新宿線が利用可能で神保町や新宿、森下・大島方面が、東日本橋駅で乗り換えれば都営浅草線が利用可能で浅草や押上、戸塚や馬込方面への移動に困りません。都内の広いエリアへのアクセスが確保できる、非常に立地の良い環境と言えるでしょう。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

馬喰町エリアには、たくさんの飲食店が進出しています。その中でももっとも多い業態が、和食系で946件。次いで多いのが居酒屋系で891件です。カフェやバー、イタリアン・フレンチのお店もそれなりに多いですが、先のふたつには遠くおよびません。

どんな業態が出店チャンス?

馬喰町エリアでもっとも繁盛している業態は、和食と居酒屋です。同地区では和食・居酒屋の需要の高さが見込まれることから、飲食店出店戦略においてこのふたつを軸に検討することは重要と言えます。「繁盛店の近くには、繁盛店がある」という考えがあることも見逃せません。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
イタリアン・フレンチ

周辺の主なスポット

・馬喰横山駅名由来の碑
・薬研堀不動院
・西澄寺
・講談発祥記念之碑
・美倉橋公衆トイレ
・初音森神社
・両国国技館
・浅草見附跡
・明治座
・十思公園
・柳橋
・新高野山 大安楽寺
・身延別院
・タカシマボタン
・篠塚稲荷神社
・お玉ヶ池種痘所

馬喰町に似た地域

小伝馬町

小伝馬町と馬喰町はともに日本橋エリアで距離的にも近い位置関係です。近隣に複数の駅があり、交通アクセスが良い点が共通しています。

蔵前

隅田川沿いに位置し、緑が多いことで知られる蔵前。同じく隅田川と近接し、緑地帯もある馬喰町と似ています。

関内

オフィス街として、昼間はビジネスパーソンでにぎわう関内。日本橋と近く、オフィスビルが建ち並ぶ馬喰町も、昼間の飲食店はランチを食べに来るビジネス客たちで活気づきます。

類似地域 周辺の募集物件一覧

小伝馬町・蔵前・関内の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
馬喰町のランチ平均単価は、1,000円以下とされます。中央区の昼間人口は、608,603人。(国税調査。2015年調べ)馬喰町にはオフィスビルも多いことから平日の昼間は多くのビジネスパーソンでにぎわうことが予想されます。

【平日/夜】【土日】
馬喰町のディナー平均単価は、3,000円~4,000円程度とされます。中央区の夜間人口は、141,183人。(国勢調査。2015年調べ)昼間と打って変わって落ち着きを見せ、飲食店に訪れる客層も地元客中心になることが予想されます。

人口特性

2018年4月1日現在、馬喰町の総人口は1656人(世帯数691)。このうち男性818人、女性838人という構成です。お隣の横山町と比べると、倍近い人口を抱えます。中央区全体の総人口は、約16万人。つまり、馬喰町人口は中央区人口のおよそ100分の1を占めています。

乗降人数

JR東日本調べによると、馬喰町駅の1日における平均乗車人数は、25,275人となっています(2016年)。ここ10年間の推移を見てみると、馬喰町駅を利用する方は全体的に増加傾向にあり、2016年はもっとも多い1日平均の乗車人数を記録しました。

馬喰町の賃貸相場

馬喰町内の賃料相場は、ワンルームで8.8万円、1Kで8.77万円、1DKで10.35万円、1LDKで16.35万円、2DKで13.7万円、2LDKで22.59万円です。2017年年末からの賃料相場推移を見てみると、馬喰町エリアの相場は総武線沿線と比べ、高めの傾向です。

馬喰町の店舗賃料相場

馬喰町交差点付近、馬喰町駅から歩いて2分の場所にある角地物件は、1階・2階一括で66万円。(36坪)賃料は物件のグレード、立地条件、坪数、階数によって異なるため、用途に合わせてもっともふさわしい物件を選ぶことが大切です。

馬喰町(中央区)エリアの居抜き店舗物件を見る