特集記事

純喫茶が流行中。コーヒー好きが考える“純喫茶”の魅力。その深みにはまる。

純喫茶が流行中。コーヒー好きが考える“純喫茶”の魅力。その深みにはまる。

こんにちは。ABC店舗の犬木です。
みなさんにはモーニングルーティーンはありますか?

モーニングルーティーンとは、毎朝欠かさず行っている『習慣』のこと。
朝の過ごし方で、その日一日が“余裕をもって過ごせるか”が左右されてしまうほど重要。

私のモーニングルーティーンは“一杯のコーヒーを飲むこと”。
会社近くのコンビニやカフェでお気に入りの一杯を買い、席につく。

モヤモヤと残る満員電車の余韻を拭い去り、熱々のコーヒーをひとくち含むと、香ばしい香りに包まれて胸がホッとします。
私にとって“一杯のコーヒー”は美味しさ以上の価値を持つ飲み物です。

そんなコーヒーは、昨今は100円と手軽に買えるものから一杯1000円以上するものもあり、値段にも大きな幅が。

また、最近は古き良き味のある“純喫茶”も再流行しています。
コーヒー人気の高まりを感じますね。

手軽に買える“コンビニコーヒー”も美味しい時代

コンビニのコーヒー

市販のコーヒーでは、コンビニのコーヒーが主権を握り始めたと言っても過言ではありません。
今はほとんどのコンビニでドリップコーヒーが販売されています。

コンビニコーヒーの歴史は長く、1980年代前半に誕生しました。
当時はセブンイレブンのスタッフが店頭で注文を受けてコーヒーを提供するスタイル。
これがコンビニで本格的なドリップコーヒーを販売するきっかけとなりました。

ただ、当時は業績的に奮わず、一旦は撤退。

人気に火が付いたのは2013年でした。
それまでの空白を考えると、長らく不調だったと言えるでしょう。

その後は売り上げが一気に高まり、セブンイレブンだけでなく他のコンビニでも販売されるようになりました。

コンビニによって、使用している豆や分量なども違います。

そのため様々なコーヒーを飲み比べながら、自分にとって最適なコーヒーを選ぶのも楽しみの一つ。
お気に入りのコンビニコーヒーがあればコーヒーがもっと身近な存在になりますね。

犬木の個人的な好みでは食事と合う濃さで、雑味がなくスッキリとした後味のコーヒーが好きです。
食事の邪魔をしない濃さ、というのは飲みやすいですね。

最近ではランチメニューに有料のコーヒーを追加する飲食店も増えています。
食事の後に頼む人が増えているからでしょう。

飲食店の売上にも、貢献できそうです。

一杯一杯丁寧に入れたドリップコーヒーにはかなわない

しかし、コンビニコーヒーはしっかり「コーヒーを味わう」というよりも「手軽に飲める」というイメージ。
買い物のついでにコーヒーを買う、という人も多いのではないでしょうか。

やっぱり、コーヒー好きは『一杯のコーヒー』を味わいたい…!

バリスタやプロが淹れるコーヒーは特別な味。

「コーヒーを味わいたい」

そう思った時は『純喫茶』に行ってみてはいかがでしょうか?

近年、純喫茶は人気の再燃で流行中。
メディアや雑誌、本で特集が組まれるほどです。

その魅力を紐解いていきたいと思います。

懐かしの“純喫茶”が流行中

“純喫茶”といえば、みなさんはどんなイメージが浮かびますか?

少し薄暗い空間、襟が付いた制服を着ているマスター、コーヒーとケーキ、煙草の煙etc…。
それぞれが思い浮かぶ純喫茶像があるでしょう。

“純喫茶”と“カフェ”の違い

例えば同じようにコーヒーを提供する「純喫茶」と「カフェ」。

純喫茶とカフェの大きな違いは「営業許可証」です。

カフェは開業の際に【飲食店営業許可証】(アルコールや調理された食べものの提供ができる)を取得します。
それに対して純喫茶は【喫茶店営業許可証】(アルコールは禁止・加熱のみの食べ物が提供できる)です。

大きな違いは「アルコールの提供が出来るかどうか」です。
この点を見ると、カフェと喫茶店を見分けやすくなります。

“純喫茶”のメニュー

純喫茶のメニューはどこか昔懐かしい味わいがあります。
純喫茶は加熱した食べ物のみが提供可なので、メニューは非常にシンプル。

・ピザトースト
・ミックスジュース
・オムライス
・ホットケーキ
・玉子サンドイッチ
・プリンアラモード
・ミートスパゲッティ
・ミルクセーキ
・クリームソーダ
・ナポリタン

一番人気はナポリタンです。
大人も子供も大好きなメニューは昔から愛されています。

コーヒー好きが考える“純喫茶”の魅力

純喫茶で使われるコーヒーは店舗によって味や香り等もまったく違います。
豆の種類、グラム数、ドリップの仕方等、店舗によって変わるからです。
酸味・苦味も店によって様々です。

もちろん多数のメニューがあるお店がほとんどなので、好みの味を注文すれば出してくれます。
味を吟味するのはもちろんですが純喫茶の魅力は、その『空間』です。

落ち着いた店内と昭和レトロな重厚な雰囲気は、チェーン店にはない味わい深い雰囲気。

ヴィンテージのインテリアと相性も抜群。
どこを切り取っても写真映えする洗練された世界観。

マスターとの会話や、常連客との賑わい。
一杯のコーヒーが紡ぐ人間関係が心地イイ…そう思えるようになったら、あなたもすっかり“通”になるでしょう。

ABC店舗のお客様~『喫茶 鳥の巣』をご紹介~

ABC店舗では、さまざまな業種のお客様が新規開業しています。
中にはカフェを開業されたお客様もいらっしゃいます。

その中の一つ、都営浅草線『人形町駅』徒歩4分。堀留児童公園横、路地裏のビルの2階。
2018年7月にオープンした喫茶店をご紹介します。

【人形町】のんびりしたい日に「巣ごもり」はいかがでしょうか?一番人気はミントパフェ!『喫茶 とりの巣』

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.