Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

半地下物件のため、アイキャッチのため看板や装飾など様々な工夫を凝らす。「肉鍋」「ホルモン」「ワイン」と店の名物メニューを謳った提灯もその一環。楽し気な雰囲気が店内への興味を刺激する。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

昔ながらの中華ラーメン店を大幅改装。木材、トタン材、提灯型照明、ブリキ椅子、壁面のチョーク書きメニューなどで大衆酒場色を出しつつも、すっきりと調和した現代風の空間に仕上げている。前店舗より引き継いだ黒い天井が、全体をまとめる効果を出している。

Before

img_b01

After

img_a01

床にはかなりの傷みが見られたため、いったんすべて撤去。落ち着いた色味の木材フロアに総張り替えしたことで、明るさと清潔感が格段にアップしている。壁側の席はすべて畳張りでゆっくりくつろげる。自作のメニューブックや壁新聞など、在店時間を楽しくする遊び心ある仕掛けを随所に凝らす。

レビュー

「大衆肉処酒場コンロ家」は南新宿に2016 年4 月オープン。A5 和牛を贅沢に煮込む「霜降り和牛鍋」、関東唯一の「神戸牛ホルモン鉄板焼」、そして専属ソムリエ厳選のこだわりワインなどを提供する。リーズナブルな“大衆酒場”を掲げながら、食も酒も一級品を揃える独自のスタイルは特筆に値する。
大衆色と現代的な洗練性が同居したセンス良い内外装は、知人の施工会社にリフォームを依頼。「開店を応援したい」という厚意を受け、格別の料金での工事が可能になったという。「楽しみながらやっていきたい」というオーナー・頼富晋也さんの想いから、遊び心溢れる店づくりとなっている。「極上の牛肉とそれに合わせたワインを、大衆酒場の雰囲気の中でぜひ気軽に楽しんでいただきたい」と頼富さんは語る。