契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
一度は内見を見送ったほどに、理想的過ぎた物件との出会い
物件番号
55179
業態
うどん・そば
路線・駅名
JR中央・総武線 亀戸
面積
15.62坪 / 51.62㎡
所在地
東京都江東区
坪単価
16,330円
徒歩
3分


最終決定要素

物件:
70%
立地:
20%
費用:
10%
その他:
0%



ご契約者様
藤原 和子 様
探しはじめ
2015年5月頃~
物件公開日
2016年3月31日(↑~10ヶ月)
契約日
2016年4月27日(↑~1ヶ月)
当初探した地域
夫が4年ほど前から銀座~日本橋のエリアで探していたのですが、そういうエリアにはあなたは向いてないよ!と言って場所を少しづつ変えて自宅から通えるエリアにシフトしました。ただ、その中で夫の目が悪くなりはじめ電車に乗ったりするような場所ですと、通勤だけで一苦労!そういう事もあって1年~半年くらい前から自宅の近所で立地の良い、亀戸6丁目か7丁目で探すことになりました。物件自体、なかなか出てこなくて条件に近い物件は周辺の雰囲気と外観は見に行ってました。
場所の推移
希望亀戸6丁目、7丁目 → 【 亀戸6丁目 】で契約
今回、亀戸6丁目の物件がABC店舗さんで出ているのを見て、あまりにも理想的だったので逆に1回目の内覧会は行かなかったんです(笑)
この物件(地域)に決めた理由
でもやっぱり気になって、内覧お願いして行ったんですが、、、、そしたら、立地はもちろん、外観・内装含めすべて理想通りで、その場で決めちゃいました(笑)
ご経歴
旦那様:飲食業を13年、食品加工・製造業5年
奥様:接客、事務など
開業を決めたきっかけ
夫は飲食業を始めた時から独立開業願望が高かったんです(笑)
具体的に動き出したのは、夫の目が悪くなりはじめ、会社員として続けて勤めていくのは困難になると思い、いい切っ掛けだから飲食店を開こう!というのが切っ掛けでした。実際に開業しようと決めてから今日まで4年ほどたち、私たちの条件も厳しい中、この物件を契約できて本当によかったです!
業態・コンセプト
食生活が洋風化しているため、麹(発酵食品)を使った料理で「健康」を意識し季節を感じられる和風御膳や一品料理をお出しします。ターゲットは40~60歳の女性です。夜はお酒も楽しめる店で、器や盛り付けにもこだわり五感を刺激する時間を創りたいです!地元なので、お客様とローカルな話なんかできるような地元密着型のお店が理想です。最初、夫は「居酒屋でいいだろー」って言ってたんです。でも、今の時代「何の特徴もない店なんてダメでしょ!」って言って、私が以前から「食の伝統と安全性」について勉強していたこともあり、この麹料理をメインに決めました!旦那様「そういう事なんですよ、前田(担当者)さん。もう私なんか皿洗いです(笑)」
オススメメニュー
麹(発酵食品)を使った料理
スタッフ数
2~3名を想定
実際に物件を見て手直ししたい場所
奥の座敷に高座を作り、落語を呼びたい。カウンターを作りたい。ベンチシートを動かせるようにしたい。
この物件の担当者
名前
前田 卓文
紹介
体の一部がイタリアっぽい体格だけを見れば力士(未経験)かラガーマン(未経験)風営業マン。好きなものは、肉(笑)。 体力だけで乗り切ろうとして、その都度上司に怒られる。※だれからも忘れられている能力:中国語がしゃべれる