契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
和の造作をうまく生かして
物件番号
55843
業態
和食
路線・駅名
JR山手線 御徒町
面積
27.56坪 / 91.11㎡
所在地
東京都台東区
坪単価
17,416円
徒歩
3分
ご契約者様のプロフィール
株式会社河流 代表取締役 劉 丹 様
飲食業経営企業の会計・経理を務めるとともに、出店物件の探索なども担当。このたびは店舗移転のために物件を探されていた。

 

【物件のお探しについて】害獣発生でやむを得ず移転 戸建てから運営容易なワンフロア物件に

Q.本日はご契約ありがとうございます。今回はご移転での開業ですね。どのような経緯でお店を移すことになったのですか?

既存店は上野で3年間営業してお客さんもけっこう付いてくれてたのですが、ビルの横にゴミ置き場ができてから、ネズミが出るようになってしまいました。また1・2階の一棟貸しでオペレーションに手間がかかることもあり、それを機にワンフロアの物件に移ることにしたのです。移転先でも今のお客さんが来やすいように、上野周辺エリア限定で探したため、物件数が限られてしまったのが大変でした。2016年の夏頃から物件探しを始めたので契約まで半年ほどかかりましたね。前の物件もABC店舗のものだったので、ちょくちょく担当さんが物件を紹介してくれ、この物件もその中のひとつでした。地下なのが少々ネックでしたが、店長や料理長と内見して、和の雰囲気がうちの店によく合っていたので申し込むことにしました。

【移転後のお店について】新店舗の立地・雰囲気に合わせ高単価路線にチェンジ

Q.店舗移転にあたってメニューなどもリニューアルされるのですか?

今の上野の店は繁華街の戸建て物件。それに対して今度の店はやや住宅地寄りで個室が多く、客席がこれまでよりも少なくなりそうなので、移転を機に高級路線にコンセプトリニューアルする予定です。これまで通り、すき焼き・しゃぶしゃぶ・鍋物をメインにご提供しますが、食材の上質化によって客単価アップを図れればと思います。料理長がかなりの技術を持っているので、十分対応可能と考えています。

【内外装について】和の居抜き造作を活用 オープンのタイミングは「人」の確保も重要

Q.内外装は和風の譲渡造作をできるだけ活用する方向で進められるのでしょうか?

そうですね。これから内装業者と相談するところなのでまだ未定な部分が多いですが、客席の増設が可能かどうかは検討するかもしれません。一つだけ、天然の竹を使った造作がいくつかありますが、これは取り替えが必要かも……。自然素材は維持が大変なんです。店舗の視認性については前店舗も26年営業されてきたので問題ないかと思っています。オープンは工事のスケジュールにもよりますが、2月半ばの引渡しなので、3月中にはオープンできれば。後は人が揃うかどうかですね。新しいスタッフも入れる予定ですが、今は人材不足で確保にも骨が折れます。

 

ありがとうございました。隠れ家の和の雰囲気がとっても素敵なお店になりそうです!弊社スタッフ一同、オープンを心より楽しみにしております。

 

物件公開日
2016年10月24日(物件を探し始めてから6ヶ月)
内見日
2016年11月18日(物件が公開されてから25日)
申込日
2017年1月24日(物件の内見をされてから67日)
契約日
2017年1月30日(物件に申込をされてから6日)
物件取得 当初の予算
特に予算は決めず物件次第ということで探したが、いちおうの目途は上限1000万。
物件取得 実際の金額
約370万円
予算の相違理由
担当の清水さんが頑張ってくれたので、保証金・賃料などの額が抑えられた。造作譲渡料も当初は計上されていたが無償に変わったのも大きかった。
この物件の担当者
名前
清水 千歌
紹介
コツコツやる努力家タイプの新人営業ウーマン。
物件の取得から、案内に至るまで細やかなサポートを心掛けてます。