契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
自らリスクを背負うからこそのやりがい
物件番号
55413
業態
多国籍
路線・駅名
JR中央線 西荻窪
面積
8.46坪 / 27.97㎡
所在地
東京都杉並区
坪単価
32,502円
徒歩
1分
ご契約者様のプロフィール
天野 裕人 様
大手飲食チェーン企業に勤務した11年間、店舗運営・人材教育・ブランディング・新規出店・海外展開と多種多様な業務を経験。輝かしいご経歴をもつ天野様が構想するお店とは?独立に際しての思いや今後の展開などについても伺いました

 

【新しく開くお店について】目指すはミシュラン!本場北京仕込みの餃子専門店。

Qお店はどのような業態・コンセプトをお考えですか?

事の始まりは、今共同でお店をやっているパートナーから新たに飲食を立ち上げる話をもらって、そこから探し始めました。それが一週間前くらいですかね。一番最初に見つけたのがこの物件です。野方や埼玉にも候補があったので、現地に足を運んだりもしたのですがもう物件がなかったり・・・。パートナーとの相談のもと、第一候補でもあったこの物件に決めました。金額面での負担が少ないことは魅力的ですし、外観もいい感じだったのでお店を始めるイメージがしやすかったです。お客様がガツガツ入ってくる場所ではないとは考えていますが、そこはパートナーに任せることにしています。

【物件のお探しについて】FC展開視野に入れて飲食激戦区で勝負。

Q. それは人気が出そうですね!西荻窪を出店地に選ばれたのはどのような理由からですか?

西荻は大手チェーンも生き残れない個性的な飲食店の激戦区。競合多数のこのエリアで生き残ることができれば存在感が発揮できるのではと思い、今後のFC展開も視野に入れ、あえて飛び込みました。この物件は駅至近&路面の立地を重視して選びました。家賃が高いのはやや難ですが、建物も綺麗で気に入りました。対面が有名焼鳥店で大勢のお客さんがいらっしゃるので、そういう方々へもアピールできるかと思います。面積は広くないので、テラス席もフル活用して入店数アップを図ります。客単価2500円程度のそれほど敷居が高くない店を想定していますが、内外装は少しスタイリッシュなものに。台湾の有名ホテルにヒントを得た木を用いた雰囲気あるデザインを考えています。写真では厨房がかなり小さく見えますが、メニューを絞っているのでこの大きさで十分。新たにカウンターを設置して、厨房で餃子を豪快に焼き上げる姿がご覧いただけるようにしたいと思っています。この店がうまくいったら、次は都心方面に進出し、さらに認知度を高めていきたいですね。

【独立開業について】自らリスクを背負うからこそのやりがい感じたい。

Q. 今回、独立を思い立った経緯を教えてください。

大手企業とはまた別のやりがいを感じる仕事がしたくなったからですね。会社員だとどうしても組織に甘えを感じてしまいますが、独立すると自分で借金を背負い、成果を出していかなければならない。そういう世界に挑戦してみたい。ちょうど仕事でも一区切りを迎えたこともあり、そのような思いから独立開業を果たしました。まだ家族を持っておらず身軽な立場だったことも大きいです。一店舗だけで終わらせるつもりはないので、いずれはFCを広めていくことを考えていますが、店長+経営者が半々というような立ち位置のメンバーを集っていきたいですね。自分でリスクを背負い、現場の反応を肌で感じ取っていく。かつて会社で教育を担当していた時の経験からも、飲食をやるモチベーションを高める上でそれが一番効果的だと実感しています。

 

ありがとうございます。お店は4月上旬オープン予定とのこと。弊社スタッフ一同、開店を楽しみにしております!

 

物件公開日
2016年6月9日
内見日
2017年1月18日(物件が公開されてから約7ヶ月)
申込日
2017年1月18日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年2月7日(物件に申込をされてから20日)
物件取得 実際の金額
約240万円
この物件の担当者
名前
新井 拓也
紹介
本人は否定するが、情熱的な男、営業部 主任 新井。好きなものは、サ○リオ。
年齢に伴わない落ち着いた物腰で、後輩から羨望のまなざしを、会社からは期待のまなざしを受ける辣腕営業マン。