契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
今話題の街で目指す 韓国料理を日本風にアレンジしたデリカテッセン
物件番号
55948
業態
その他
路線・駅名
都営浅草線 蔵前
面積
3.64坪 / 12.04㎡
所在地
東京都台東区
坪単価
38,439円
徒歩
1分
ご契約者様のプロフィール
李 籣姫 様
韓国のご出身で、大学進学とともに訪日をされた。外資系の大手自動車メーカーで14年間お勤めになられ、昨年7月に退職。アルバイト時代に知り合われた方とお店を立ちあげることとなり、飲食での独立を選択。この度、蔵前にて物件のご取得をされた。

 

【独立の経緯について】20年温めてきた独立 飲食を選ばれたきっかけは、大学時代に遡る

Q.本日はご契約ありがとうございます。独立にあたって、飲食を選択されたのはどのような経緯がおありだったのでしょうか。

飲食で独立をするのですが、飲食の経験ってほとんどなくって、大学時代に少しだけアルバイトをしたくらいなんです。アルバイト時代も、別に独立なんて考えてもみませんでしたし、卒業後は外資系の自動車メーカーに勤めていました。大手企業に就職することができたので安定した生活はできたのですが、毎日会社に出社しても楽しくないし、先も見えない・・・。そんな私が独立に踏み出したきっかけは、アルバイト時代に知り合ったおねえさんから、一緒にお店をやろう、と誘いを受けたことです。会社勤めに疑問を抱き始めたこともあり、踏ん切りをつけるために昨年の7月に仕事もやめ、独立へと本格的に動き始めました。

【物件のお探しについて】物件を探し始めて1か月、内見1件目、そして1週間で物件取得の即断即決!!

Q. 相性の良いパートナーがいることは、こころ強いですね。物件探しは大変でしたでしょうか。

物件探しを本格的に始めたのはこの1ヶ月くらいです。しかも、物件を見たのはこの1件だけです。2人でABC店舗のサイトを見ていた時に、この物件が目に入りました。現地を見に行って、この物件しかない、と取得を決めました。それも契約の1週間前です。まさか、こんな短期間で物件を契約することになるとは思いませんでした。私たちは決まった業態で4坪以下という条件で探していたので、なかなか出てこないだろうな、と思っていました。この物件を見つけることができなかったらかなり時間がかかっただろうと思います。造作譲渡料もなく、金額的にも希望通りだったので、まさに理想の物件です。

【新しく開くお店について】日本風にアレンジをした韓国料理のお惣菜をデリカテッセン風に提供

Q. これだけ希望に沿った物件は珍しいかもしれませんね。最後に、開業されるお店についてお聞かせください。

お店のコンセプトは決めていて、韓国料理をテイクアウトで提供するお店にします。日本人が韓国料理としてイメージをしやすい、プルコギやチャプチェ、チヂミなどほとんどの人が好きなメニューから、私たちが日本人向けにアレンジしたオリジナルメニューまで、合わせて約20種類くらいを常時提供する予定です。日本では、韓国料理は量が多くて雑多なものと認知されていますが、韓国料理の中にもきれいな料理はたくさんあります。そういった料理を日本の方々に知ってほしいですし、召し上がってもらいたい。アメリカなどの西洋風のテイクアウト店、デリカテッセンのようなイメージをしていて、開放感とお洒落さを両立させたお店にしていきたいです。お客様に興味を持ってもらって、選んでもらえる、そんなメニューを作っていきたいですね。日本人好みにアレンジを加えて、季節の食材を使ったお惣菜を日ごとのおすすめ料理としていきたいです。

 

遅い時間にも関わらず楽しくインタビューをさせていただき、ありがとうございました。お店の雰囲気も含めて、オープンを楽しみにお待ちしております。

 

物件公開日
2016年12月7日
内見日
2017年2月10日(物件が公開されてから2ヶ月)
申込日
2017年2月14日(物件の内見をされてから4日)
契約日
2017年2月23日(物件に申込をされてから9日)
業態
韓国料理メインのデリカテッセン
物件取得 実際の金額
約140万円
当初想定予算
約140万円
予算の相違理由
ちょうど探していたくらい。リスクは極力なくしたかった。
物件探しで苦労したこと
特にない。探し始めて1件目で決めた。
この物件の担当者
名前
福田 美智子
紹介
我らが涙もろい人情派、福ちゃんこと福田営業部部長。将来の夢は、居酒屋ふくちゃんの開業。
彼女の酸いも甘いも混在する道を歩んだ経験値がお客様に元気と活力を与えます。