契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
1号店の勢いをさらに加速できる近い立地で居抜き物件が出て即契約!
物件番号
56136
業態
居酒屋
路線・駅名
東京メトロ銀座線 虎ノ門
面積
20.87坪 / 68.98㎡
所在地
東京都港区
坪単価
30,005円
徒歩
3分
お話を伺った店長様
平間 弘明 様

 

【物件のお探しについて】1号店からほど近く、活気づく虎ノ門エリア物件を逃さず即決

Q.本日はご契約ありがとうございます。いつ頃から物件を探し始めたのですか?

昨年の年末頃から本格的に探し始めました。現在新橋に1号店があり、以前から店舗拡大を見据えて近隣で探していたのですが、なかなか出てこなくて。そんなときに仙川に良い物件があり契約しようかとも思ったのですが、人材確保が難しいことと、鰻店としては地の利が厳しいということで、再び新橋界隈にターゲットを絞り、今回の物件に出合えました。1号店から徒歩5分ほどの立地で、新橋も虎ノ門も御成門も使える便利さも魅力。以前だったら新橋3丁目や芝公園方面の飲食店は難しい印象でしたが、虎ノ門ヒルズがオープンしてからは随分様変わりして活気づいてきているので、エリアも問題ないです。

【増店の経緯について】単価が高くても売り上げ好調、鰻を食べる習慣が定着し始めている

Q.1号店は2000年にオープンされていらっしゃいますから、もちろん虎ノ門ヒルズ開業前ですよね。ということは当初はご苦労もあったのでしょうか。

そうですね。オープン当初は4坪8席カウンターのみという、肘がぶつかり合うくらい狭い店舗からスタートしました。周囲に競合店はなかったのですが、オフィス街なので土日はほとんど人通りもなく、集客に苦労する時期が続いたんです。その後、隣店が出ていかれたタイミングで店舗を拡張して一区画にし、27席に拡張。以降は鰻の高騰や外食産業の影響も多少は受けていると思うのですが、徐々に売り上げを伸ばして現在に至ります。最近では、鰻=食の王様、という印象が強くなってきたのか、単価が高くても皆さん召し上がっていただけるんですよ。女性のお客様も年々増えていて、男性よりたくさん召し上がる方も多い(笑)。6~9月の夏場は特に、この4ヶ月だけで年間売り上げの半分に達するほど多くの方にお越しいただいています。なので、新店も含めて今後はこの4ヶ月以外の時期をどう盛り上げていくかが課題。近年は冬でも1~2月頃に「寒の土用の丑の日」が定着してきているので、これを活かして鰻をもっと身近に感じていただけるように工夫していけたらと思っています。

【新しく開くお店について】落ち着いた空間で鰻を堪能できる、女性1人でも入りやすい店づくりを目指す

Q.確かに最近では鰻を食べる方が増えてきてますよね。新店のコンセプトは1号店とは変えるご予定なんでしょうか?

基本的には1号店と同じコンセプトでスタートできたら、と思っています。大ぶりのうなぎ一尾分を使用した鰻重「大富士」が看板メニューです。夜は飲み放題付きの宴会メニューもご用意しており、一人一枚鰻の白焼きが出る贅沢なプラン。鰻をつまみに最初から最後までゆっくり鰻を堪能していただけるお店づくりを目指します。また、やはり女性のお客様が増えてきているので、女性一人でも入りやすい雰囲気にもこだわりたいですね。そして、この新店2号店をキッカケに3店舗目も目指して行けたらと思っています。

 

1号店からほど近くの場所でのオープンということで、うなぎのお宿さんの鰻でますます近隣で働く皆さんの精がつきそうですね!ありがとうございました!

 

物件公開日
2017年2月23日
内見日
2017年2月23日(物件が公開されてから0日)
申込日
2017年2月23日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年3月6日(物件に申込をされてから11日)
業態
鰻専門店
物件取得 実際の金額
約1000万円
予算の相違理由
大体予想通り
物件探しで苦労されたこと
鰻は炭で焼くのがいちばんおいしいのですが、やはり炭を使用できる物件というのはなかなか少ないので苦労しました。
この物件の担当者
名前
福田 美智子
紹介
涙もろい人情派、福ちゃんこと我らが福田営業部部長。将来の夢は、居酒屋ふくちゃんの開業。
彼女の酸いも甘いも混在する道を歩んだ経験値がお客様に元気と活力を与えます。/dd>