契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
ピンポイントにエリアを絞り、希望に近い物件を取得!プロジェクトの第一歩踏み出す
物件番号
56573
業態
とんかつ
路線・駅名
JR山手線・渋谷
面積
46.28㎡ / 14坪
所在地
渋谷区円山町
坪単価
徒歩
4分
ご契約者様のプロフィール
鈴木 勇 様
10年以上渋谷に住む。渋谷で出会った飲み友達や遊び仲間たちと、渋谷への恩返しも込めて、今の若い人たちが楽しめる場所を作りたいとプロジェクトを始動、その第一弾として今回円山町の物件を取得。

 

【物件探しについて】完璧な物件はない 制限のある中でできることをする

Q.物件探しはいかがでしたか?

仲間たちと店をやりたいという話をして物件を探し始めたのが約2年前で、そこから10件くらいの内見を経て今回の物件に出会いました。渋谷の中でも、まだ自分たちが未開拓のエリアが円山町周辺とマークシティーの裏側だったので、その2つのエリアに絞って探していたんです。そのためか、なかなか物件がでてこなくて苦労しました。また、でてきても競合がいたりで2件ほど見送りました。今回の物件は、当初考えていた条件とは広さ的には離れていたんですが、写真でみるより狭くなかったし、そろそろアクションを起こす時期かなというのもあったので、ここに決めました。完璧な物件はないので、何かを削っていかなきゃいけないけど、その中で自分たちがやろうとしていることを実現していきたいと思っています。

当初1500万くらいの初期費用を想定していたんですが、広さの関係もありかなり抑えられました。内装もしっかりしているので工事費もそんなにかからないんじゃないかと思うので、全体で700万くらいに収められそうです。だから、余った分は2店舗目の軍資金に回したいと思っています。

【新しいお店について】楽しいことが生まれる、そのきっかけ作りをしたい

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

仕事でよく海外に行くんですが、海外のスポーツバーって、日本と違ってすごく自然に日常になじんでいて、ただそこにある、みたいな感じで存在しているんですよね。でも、お店丸ごとで選手をスポンサードしたりとかもしていて、その感覚がすごくいいと思っていて。僕自身もユーロ圏のレース系のスポーツをやっていたんですけど、そういうマイナーなスポーツは日本で知る機会がまずない。そういう意味でも、窓口としての場所(店)を作りたいと思ったんです。

基本的にはオプションとしてスポーツがあるBARをイメージしているので、スポーツに詳しくない人がふらっと入っても楽しめるような店づくりをしていく予定です。クラブが近いので、呑み疲れた人たちが朝一息つけるようなスープとかお茶とかもメニューに加えていきたいし、個人的に海外のビールが好きなので、瓶でいろいろ揃えて、ビールにあうつまみとかも考えていきたいです。

とにかく、出会いがあって、それが派生して楽しいことが起きる、そういうきっかけ作りができる店にしていきたい。若い頃いろいろ楽しませてもらった恩返しに、今度は僕らが今の若い子たちが楽しめる場所を作ってあげられればと思っています。

 

なにやら渋谷でおもしろいことが始まりそうな予感がします。その記念すべき第1歩に弊社物件を選んでいただきありがとうございます。この場所をきっかけに出会いが生まれ、楽しいことがたくさん育っていくのを、今から楽しみにしています。

 

物件公開日
2017年2月15日
内見日
2017年9月28日(物件が公開されてから約8か月日)
申込日
2017年10月13日(物件の内見をされてから15日)
契約日
2017年11月6日(物件に申込をされてから24日)
オープン予定日
年末または年明け
業態
バー
店舗名
ARMAGEDON(仮)
物件取得 実際の金額
約480万円
物件探しで苦労したこと