契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
日本初のムーガタ専門店開店に向け、路面店・山手線沿線を条件に物件探し
物件番号
56837
状態
居酒屋
路線・駅名
都営三田線・三田駅
面積
56.53㎡ / 17.1坪
所在地
港区芝

徒歩
2分
ご契約者様のプロフィール
麻布十番の和食店に勤務している際に、タイのムーガタに出会う。日本でも知る人ぞ知るこのタイ式焼肉鍋を広めるため、専門店を開くことを決意し物件探し。三田の物件を取得する。

 

【物件探しについて】スケルトンと思えば安く抑えることが出来た方だと思う

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

6月頃から物件探しをはじめました。当初は五反田・目黒あたりで探していたんですが、路面店で手ごろな家賃というとなかなか出てこなかったですね。五反田は地元なんですけど、ここ数年で地価が急騰していて、路面店ともなると家賃が半端なかったです。それで、年末から年始にかけて、山手線沿線にエリアを広げてみたんです。そうしたら、結構物件がポンポン出てきた感じですね。それで、三田のこの物件にも出会ったんです。三田駅は乗降者数も多いですし、オフィスの数も申し分ありません。その上、路面店だけど家賃が許容範囲内だったのでこの物件に決めました。それまで見た中では一番良かったし、立地だけで言ったら90点くらいのいい条件だと思います。

難点は内装面で、水漏れなどがあるため、ほぼ厨房はゼロから作り直さなくてはいけないというところ。それでもスケルトンだったと思えば、冷蔵庫やダクトがついてきてラッキーとも思えるので、それはそれでよしとしています。

【新しい店舗について】日本初!ムーガタ専門店とオーガニックワインの店

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

ムーガタはタイの鍋料理の一種なんですけど、中心部が山のように盛り上がった鍋を用い、その盛り上がった部分で焼肉を、下の部分で鍋を楽しむという1回で2度おいしい食べ物なんです。実はこの料理のルーツは日本にあり、今から50年前、北海道などに出稼ぎにきたタイ人が、ジンギスカンや鍋の文化に触れ、それを持ち帰ることで生まれたと言われています。「ムー」はタイ語で豚、「ガタ」は鉄板を意味しているんですよ。まだ日本に専門店はないんですが、タイの食堂がこの間テレビで紹介されて反響を呼んでいたり、僕が前にいた店でもメニューの1つとして出していたんですが、リピート率90%の人気メニューで、お客さんの興味関心はかなり高かったですね。

今回は、タイ人シェフ、ソムリエの資格を持つ店長、そして僕の3人で運営していく予定で、ランチには、ガパオライスやタイカレー、パッタイなどの定番料理も提供します。そして夜は、メインのムーガタとオーガニックワインのペアリングを楽しんでもらえたらと思っています。タイ本場でもまだまだメジャーとは言えない食べ物で、ここ数年じわじわ来ている感じのものなので、どんな味か気になる人は、是非食べに来てください。

 

弊社でご契約いただき誠にありがとうございます。そして日本初のムーガタ専門店、すごく気になります!オープンを心より楽しみにしております。

 

物件公開日
2018年 1月 16日
契約日
2018年 2月 26日
業態
タイ料理(ムーガタ専門店)
物件取得金額
約720万円
当初予想予算
570万くらい?予算より150万くらいはオーバーしてしまった。