街レポート

田原町(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

田原町(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

台東区西浅草を中心とした田原町エリアは、多くの店舗や神社、住宅が混在する独特の街並みが特徴です。
観光地のようにも捉えられがちですが、実際には閑静な住宅街となっている場所も多く、交通至便なこともあり居住地としても人気があります。こちらでは、そんな田原町の特徴や魅力についてご紹介します。

交通至便で静かな暮らし

観光客で賑わう浅草のお隣に位置する田原町。観光スポットも数多くありますが、浅草に比べれば人通りは少なくなる傾向にあるこの街をひと言で表すなら、“静かな浅草”がぴったりでしょう。小さな神社やお寺が点在する駅の南側の街並みは、昔ながらの風情を残す住宅街です。

交通については非常に便利な位置にあり、快適な暮らしを送ることができます。銀座線の他駅へ向かうのはもちろん、都営大江戸線・同浅草線の蔵前、都営大江戸線の新御徒町も利用可能。そのため、田原町を居住地の候補に挙げる方も多く、人気のエリアになっています。

風情ある田原町駅構内

田原町駅自体は2面2線相対式ホームとなっており、ホームの壁にや天井には歌舞伎役者の家紋が施されたレリーフを見つけられます。昭和2年に開設された歴史ある駅の情緒と、浅草エリアのモチーフが融合した趣深さを感じられる造りと言えるでしょう。
ちなみに、近年になり地上とホームを結ぶエレベーターが両線に新設されるなど、使い勝手についても改善がなされています。

もともと田原町駅は浅草区松清町に所在していましたが、市電田原町の電停が近くにあったことから、駅名もそれに合わせられたそうです。ただし、昭和40年に所在地の町名が西浅草一丁目に代わったことから、市電田原町の電停が「浅草一丁目」に変わりました。しかし、地下鉄についてはそのままの名称が残されたという経緯があるそうです。

昔ながらのお店を練り歩き

閑静な駅南側に比べ、北側にはさまざまな店舗が立ち並びます。なかでも、田原町と浅草を結ぶ「かっぱ橋道具街」はこのエリアのシンボル的な存在。個性的な問屋街にはさまざまな店舗が出店しており、歩くだけでも楽しい気持ちになれるでしょう。
もちろん、飲食店御用達の道具街ですから、調理器具や食器など、一般家庭でも使える商品が安価に手に入ります。近年注目を集める日本の精巧な食品サンプルを目的に、外国人旅行客が足を運ぶ機会も増えているのだとか。

なお、商圏という意味では仏具の専門店街が広がっていることも特徴のひとつで、その規模は日本でも最大級。ここは仏壇通りとも呼ばれており、江戸時代から続く老舗の数々が立ち並びます。
個性豊かな数珠をとりそろえた内田商店や、高級おりんの販売をする浜田商店、豊富な種類の仏壇をとりそろえる三善堂などは、田原町ならではの店並びと言えるでしょう。

東本願寺を中心としたお寺の数々

田原町を語るうえで、駅西側に広がるお寺の数々は外せない要素です。北西にある東本願寺をはじめとして、大小合わせて数十のお寺がエリアには散らばっています。東本願寺から南下していく際には、宗圓寺や永見寺、威光院があり、中に入ると仙法寺や玉宋寺、浅草寿不動院など、数多くの寺院に出会えます。
お寺が好きな人からすると、浅草よりも田原町から観光をスタートさせるほうが効率的とも言えるでしょう。もちろん、浅草での観光を終えた人々が流れてくる可能性もあり、休日には賑わいが予想されます。

歴史好きにもカフェ好きにも好かれる街

神社・お寺の数は多く、田原町周辺は歴史好きにとってたまらないスポットです。たとえば矢先稲荷神社には浅草名所七福神である福禄寿が祀られており、神社巡りに欠かせない箇所のひとつとなっています。
そのほか、昭和16年に建てられた「はなし塚」には歴代の噺家の名前が刻まれており、落語好きの間では有名なスポットです。

一方で、近年になりおしゃれなカフェやレストランも増えてきています。昔ながらの街並みのなかに、今どきのモダンさを施した店舗の数々が現れ、少しずつ田原町に変化をもたらしているようです。
また、住宅の建て替えなども進みつつあることから、新旧織り交ぜた独特の雰囲気を醸し出しています。

北東側は賑やかでさまざまな建物が立ち並ぶ

駅の北東側は繁華街としての顔ももっており、夜のお店や宿泊施設などが立ち並んでいるのも特徴です。
駅周辺の大通りについてはある程度明るいイメージですが、1本外れると人通りも減り、薄暗い印象を受けるかもしれません。しかし、全体的に犯罪率は低く、一人暮らしの女性が暮らすのにも過剰な心配は不要です。

なお、東側には台東区税事務所や田原小学校といった施設に加え、親子連れで遊びに出かけられる田原公園なども集まっています。浅草通りには雑居ビルやオフィスビルに混じって中低層マンションなども立ち並び、さまざまな人が暮らし、働いていると予想されます。
そのほかにも、田原町の周りには現代と昔が混ざり合うかのようにさまざまな建物や施設が立ち並び、住む人や観光客の目を楽しませてくれます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

お寺や神社が多い日本らしさがあふれる地域ということもあり、田原町の周辺には和食店が多い傾向にあります(789店舗)。一方で、居酒屋の数も多く、その店舗数は515件。BARについても209件あり、和食とお酒に強いエリアと言えるでしょう。

どんな業態が出店チャンス?

和食点と居酒屋・BARが多い田原町は、これらのジャンルに対する需要が伺えます。とくに外国人を含む観光客に対しては、和食店は大きなリーチが見込めるでしょう。繁盛店からの流入も考慮すると、おすすめの業態と言えます。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺
・隅田川 駒形橋
・矢先稲荷神社
・かっぱ橋道具街通り
・浅草国際通り
・葛飾北斎の墓
・本法寺(はなし塚)
・雷門通り
・仲見世通り
・浅草通り
・神仏具卸問屋街
・緑泉寺
・浅草公園六区
・コロンブス 本社
・ホテルサンルート浅草

田原町に似た地域

門前仲町

下町情緒があふれるという意味で、門前仲町は田原町と似た地域と言えます。
門前仲町(江東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

駒込

治安の良さという点で駒込も田原町に近いエリアと言えるでしょう。
駒込(豊島区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新富町

閑静な住宅街が広がる地域として知られる新富町。田原町同様に、ゆったりとした時間を過ごせそうです。
新富町(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

駒込・新富町・門前仲町の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
台東区における昼間人口は294,756人。ランチの平均単価は1,000円以下となっており、周辺で働く会社員がメインターゲットになると考えられます。

【平日/夜】【土日】
昼間は観光客が引き上げていることもあり、夜間における台東区の人口は175,928人へと落ち込みます。また、平均単価としても1,000円以下ということから、ここでもやはり会社帰りの会社員の利用がメインと予想されます。

人口特性

田原町のある西浅草と寿を合わせた人口は7,637人。男女比にも大きな違いはありません。一方、外国人と日本人で比較をしてみると圧倒的に後者が多い傾向にあります。また、西浅草に関しては駅から離れるごとに人口が増えていきます。

乗降人数

2017年における田原町駅の乗降人数は1日平均で33,317人でした。2003年の25,741人に比べると、年々増加傾向にあります。なお、1日平均乗車人数についても、2003年からは同様に増加傾向にあります。

田原町の賃貸相場

田原町にはワンルームから3LDKにいたるまでの賃貸物件がそろっており、とくに1~2LDKの数が多い傾向にあります。これらの家賃相場としては15~17万円前後。なお、近年建設されたマンション賃貸が多く見られるもの特徴です。

田原町の店舗賃料相場

田原町駅に近い浅草における店舗用の居抜き賃貸は120,000円(約6坪)から。なかには路面店でありながら160,000円(約13坪)というお得なものもあります。一方、国際通りに面した店舗などは460,000円という具合に、家賃に開きがあるようです。

田原町(台東区)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.