用語集

食材ロス

食材ロスとは、本来は食べられる状態であるにもかかわらず、食品がロスされてしまうことをいい、廃棄される食品や廃棄食品総量を意味しています。食材ロスは、一般的に飲食店などで提供される食べ残しやコンビニ等の小売販売店で売れ残りが廃棄される物だけでなく、加工食品を作られる際に発生する物も含んでいるため、生産される全食糧の2分の1にあたるといわれているのです。

先進国にあっては、1人あたり年間100キログラムも無駄に捨てられていることから、社会問題となっています。このような食材ロスが問題視されるようになってからは、コンビニ等で販売されているお弁当などのロス等を見直すなど企業独自の取り組みなども行われるようになってきており、ロスを少なくしようとする社会となってきています。

また、今までは加工食品を作るさいに廃棄されていた物も有機燃料などに加工してエネルギーとするなどの取り組みなども行われており、様々な取り組みが行われているのです。
 

日本においては、食材や加工食品などが過重供給されているのが現状であり、無駄に食材を買い過ぎることによって食べきることができずに廃棄していることが多くあります。

このような無駄を解決するためには、自分に必要な量だけをコンビニやスーパーマーケットなどで購入することが大切です。必要以上の物を購入すると食べきれず廃棄することになるため、計画的に購入することが重要なのです。食事を作る際にも食べきれる量だけを作るようにすると食材ロスが少なくなります。

このように購入者側から食材ロスのことを考えて食品を購入していくと、小売販売業者も商品の仕入れを少なくすることができ、結果として無駄を削減することができるようになるのです。

加工食品業者などは、生産する上で食材ロスが出てきてしまうのはしかたがないのですが、これをバイオマスエネルギーで利用したり、飼料として使うことで食材ロスを無くす好循環とすることができます。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.