Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

看板を横に大きく広げることで視認性を高くした。また、壁面を黒く塗り、扉と同系色の小物を置くことで、より入口に行き交う人々の視線向かうようになっている。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

壁面を全体的に黒一色で統一させた。暖色系の照明がより際立つことで、ぼんやりとした光で、スタイリッシュな印象から、柔らかい印象を生み出している。前店舗は寿司屋のため、ネタケースが設置されていたが、取り外し、高めのカウンターへ改装した。

Before

img_b03

After

店内奥に位置する座敷スペースも黒で統一した。球型の大きめな照明を高さ違いに垂らすことで、畳や障子が与えるキチッとした印象を和らげている。また、壁面を暗めの色にしていることで、落ち着く空間になっている。

レビュー

東京・曙橋にオープンした「味寛 ほんまや」。野菜と魚を中心とした優しい味の料理が味わえるお店。店長・ 本間さんの地元である山形県の素材を使った料理、日本酒なども味わえる。店名の由来の一つでもある『寛ぎ』をコンセプトにした店舗。黒を基調とした店内 に、ぼんやり灯る暖色の照明が、“ほっ”とする居心地の良い空間を作り出している。「本当は座敷の壁をぬいて縁側を作りたかったんです。」と語る本間さ ん。予算の都合で見送りとなったが、居抜き物件でも、自由にレイアウトを考えることができる。将来の目標は、地元・山形県に店舗を出すこと。そのため、ス ケルトンではなく居抜き物件を探していたそうだ。住宅が多く、地元民のお客様が多いそう。新しい“ほっ”と寛げる場所として広がってゆく店舗である。