Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

ビルの側面にある入口はあまり目立たないため、メニューの立て看板を設置。ファサードはシンプルにロゴを配し「2F」であることを強調している。OPEN/CLOSEの札はタイの国旗の色を使ってタイ料理屋らしさを出している。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

カウンターを継ぎ足して調味料やお皿置き場にし、その下に冷蔵庫を設置して、キッチン内の狭さをカバー。棚の目隠しに国旗を使ってタイらしさを演出。カラフルなネオン管は内装工事終了後、スタッフで取り付けた。

Before

img_b03

After

あまりにもシンプルで白い店内だったため、柱部分にベンチシートと同系色の木材を貼ってアクセントに。棚の上にタイのビール瓶などを並べ、壁にタイの絵を飾った。窓際の棚は取り外し、窓の大きさとそこから見える景色を際立たせた。

レビュー

「タイ食堂 ヤムヤムサイアム」は、地下鉄銀座線・半蔵門線・都営大江戸線の3路線が乗り入れる青山一丁目駅から徒歩2分ほど。入口は脇にあるが大きな窓の上に掲げられた「YUM YUM SIAM」の可愛らしいロゴが外苑東通りを行く人の目に止まりやすい。
オフィス街でありながら高級住宅街に隣接し、平日土日に関わらず本場のタイ料理にこだわった味に舌鼓を打つお客様で賑わっている。

以前はイタリアンで、シンプルかつオシャレな雰囲気だった。そこをどうやってタイ料理の店にするか…と考え、ネオンや電飾を飾ったり、タイの看板やタイ語と英語で書かれた案内を貼ってタイらしい雰囲気を出した。
居抜きを活かして店内のテーブルや椅子はそのまま使用しているが、汚れていた床を張り替え、キッチン内の床を防水に変更。この防水加工が一番お金がかかったという。以前仕切られてオフィスとして使われていた店の一番奥はカウンター3席に作り替えた。ランチタイムのお一人様用の席として重宝している。