街レポート

田端(北区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

田端(北区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都北区にある田端は、山手線の駅のひとつです。新宿や上野、東京と比べると目立ちにくい駅ですが、都心部へのアクセスが非常に便利なことや、治安が良いことから、住みたいと考える方が増えています。住居としての魅力以外にも、「あらかわ遊園」や「都電おもいで広場」といったように、遊べる施設も充実しています。また、芥川龍之介を始めとした文士が多く住んだ街としても有名です。こちらでは、田端の特徴と魅力についてご紹介します。

多くの文士が住んだ歴史のある街

田端は交通アクセスが多く、閑静な住宅街のある住みやすい地域です。明治時代から昭和初期にかけて多くの文化人が住んでいたことから、街のいたる所にその名残が残っています。最近、住居として田端を選ぶ方が増えてきており、注目度が上昇しているエリアです。

田端の歴史

田端は交通アクセスが多く、閑静な住宅街のある住みやすい地域です。明治時代から昭和初期にかけて多くの文化人が住んでいたことから、街のいたる所にその名残が残っています。最近、住居として田端を選ぶ方が増えてきており、注目度が上昇しているエリアです。

田端村は、1889年に行われた町村制施行によって北豊島郡滝野川村大字田端になります。1930年には大字田端の中の一部(大字田端新町一~三丁目)が分立しました。さらに、滝野川町は1932年に東京市へ編入されることになり、滝野川区へと移行します。大字田端のほうは田端町へと変わりました。1947年には滝野川区が王子区と合併して北区となります。1965年以降は田端町に住民表示が施行され始め、北区の中の田端一~六丁目、東田端一~二丁目、中里三丁目の一部となりました。

都心部や空港へのアクセスが便利

田端駅には、JR山手線と京浜東北線が乗り入れています。都心へのアクセスが大変便利な駅で、池袋駅までは約9分、東京駅までは約14分、新宿駅までは約18分で、乗り換えせずに行けます。渋谷駅・品川駅・上野駅までのアクセスも便利です。電車に加えて、丸の内や足立区の方面へ向かうバスもあります。田端に住んでいる方は、電車とバスを使い分けて便利に利用しています。

また、成田空港へのアクセスが良いことも魅力です。JR山手線田端駅の2駅先にある日暮里駅から京成スカイライナーに乗り換えれば、1時間とかからずに空港へ向かえます。飛行機を使っての出張が多い方に大変便利な地域です。

多くの文化人が暮らした街

田端では、数多くの文化人たちが暮らしていました。上野の美術学校へ通いやすい位置にあったことから、明治中期以降は、多くの芸術家志望の若者が暮らすようになります。明治末期から昭和初期の頃には田端文士村というものがあり、多くの文士や芸術家が集まっていました。

田端に住んでいた文化人の中でも有名なのが、現代でも文豪として人気の高い芥川龍之介です。芥川龍之介は、1913年(大正2年)から、亡くなる1927年(昭和2年)までの14年間田端で生活していました。彼が友人に宛てた手紙には、田端のきつい坂や雨の日のぬかるみに苦労しているという悩みが書かれています。彼が発表した数多くの有名な作品が、田端の家で書かれました。

博物館や遊園地といった遊べるスポットも

田端周辺には観光名所もたくさんあります。まず、人気なのが「あらかわ遊園」です。こちらは1922年に開業された歴史のある遊園地で、東京23区内では唯一の公営遊園地となっています。アトラクションや、動物と触れ合える広場、水遊び広場といったものが楽しめます。

「田端文士村記念館」では、田端に暮らしていた文士や芸術家たちの功績が展示されています。板谷波山・小杉未醒・吉田三郎といった芸術家の作品や、芥川龍之介を始めとした文士の書簡・原稿・初版本が見られるスポットです。芥川龍之介のファンの方はぜひ訪れてみましょう。

大龍寺も有名です。こちらは、荒廃していた不動院浄仙寺を、天明年間に高足光顕が中興し、「大龍寺」と改称したお寺です。本堂のわきにある墓地には、俳人の正岡子規や宮廷音楽家のE・H・ハウス、陶芸家の板谷波山といった著名人が眠っています。

鉄道好きの方におすすめなのが、「都電おもいで広場」です。荒川車庫駅のすぐ近くにあり、都電の歴史を学べます。また、昭和29年にアメリカの最新技術を導入して作られた「5500形」と、昭和37年に製造された二つ目ライトが特徴の「旧7500形」の車両が展示されています。多くの鉄道ファンが訪れている施設です。ほかにも、与楽寺・東覚寺・尾久の原公園といったように、田端にはさまざまな観光スポットがあります。

一人暮らしの方にもファミリー層にも住みやすい街

田端は住みやすい街として人気を集めています。治安が良く、駅の近くには交番もあるため、一人暮らしの方でも安心して過ごせます。また、教育施設が充実しており、広い公園があることから、ファミリー層からの人気も高くなっています。駅の北側には一人暮らしの方が、南側には一軒家の方が多い傾向にあります。ただし、商店街周辺は夜でも明るいですが、住宅街は明かりがあまりなく、人通りも少なくなるため、ご注意ください。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

田端にもっとも多くある飲食店は、和食店です。193件のお店が営業しています。そのほかには、居酒屋(139件)やカフェ(56件)、BAR(46件)が多くなっています。反対に、洋食(14件)や韓国料理(14件)のお店は少ないようです。

どんな業態が出店チャンス?

近くに同じ業態の繁盛店があるお店は、良い競争相手がいるため、繁盛しやすいと考えられています。周辺住民とお店の客層が合っている可能性も高くなります。田端には和食店や居酒屋が多いため、これらのお店を出す予定の方におすすめです。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・田端文士村記念館
・東覚寺
・六義園
・大龍寺
・谷中ぎんざ商店街
・旧古河庭園
・朝倉彫塑館
・日暮里繊維街
・諏方神社
・根津神社
・西日暮里公園
・東洋文庫ミュージアム
・あらかわ遊園
・旧安田楠雄邸
・駒込富士神社
・ファーブル昆虫館

田端に似た地域

高田馬場

田端は都心へのアクセスが非常に便利な街ですが、高田馬場も同じく都内主要駅へのアクセスが良好です。新宿へ約4分、渋谷へ約11分で行けます。
高田馬場(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

湯島

湯島には、田端と同じように閑静な住宅街があります。ファミリー層を中心にたくさんの方が住んでいます。
湯島(文京区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

四谷

四谷は、田端と同じく治安の良い街です。軽犯罪も含めて、犯罪はほとんど発生していません。
四谷(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

高田馬場・湯島・四谷の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
田端のある北区の昼間人口は、321581人です。飲食店の利用者は周辺住民や、通勤してきた方が多くなります。メニュー価格はお手頃な1,000円前後にしているお店が多くなっています。

【平日/夜】【土日】
北区の夜間人口は、335,544人です。昼間人口と大きく変わりません。夜間の飲食店の利用は、地元住民が中心になり、価格は、2,000~3,000円に設定しているお店が多くなっています。

人口特性

田端には、大体男女半々の割合で人が住んでいます。男女の偏りが大きい地域もありますが、田端は男性にも女性にも安定して好まれる地域です。また、閑静な住宅街があることから、ファミリー層が多く住んでいるのも特徴です。

乗降人数

2016年の田端駅の1日平均乗車人数は、46,241人です。山手線の駅の中では、鶯谷駅・目白駅・新大久保駅に次いで利用者が少ない駅となっています。しかし、2000年頃から徐々に、年々1日の乗車人数が増加している傾向にあります。

田端の賃貸相場

田端でワンルームを借りた場合の家賃は、平均6.88万円です。田端が位置している北区の家賃相場は7.70万円であり、東京23区の中では6番目に安くなっています。田端で部屋を探す場合も、23区の中では比較的安めに借りられます。

田端の店舗賃料相場

田端でワンルームを借りた場合の家賃は、平均6.88万円です。田端が位置している北区の家賃相場は7.70万円であり、東京23区の中では6番目に安くなっています。田端で部屋を探す場合も、23区の中では比較的安めに借りられます。

田端(北区)エリアの居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.