街レポート

藤沢(神奈川県藤沢市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

藤沢(神奈川県藤沢市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報
目次

駅前ロータリー
神奈川県の南部中央に位置する藤沢市。その中でもさらに南の海寄りにある街が藤沢です。
単身層からファミリー層まで幅広い世帯に人気で、鵠沼海岸や江ノ島にも近いことから、ヨットやサーフィンなどのマリンスポーツをする人も多く住んでいる街です。特に夏のシーズンになると、観光客も多く訪れます。
今回は、神奈川県にある藤沢の魅力についてご紹介します。

観光客と地元住民でにぎわう海沿いの都会

街並みの様子

都心へのアクセスが良い藤沢市は、地元住民だけでなく、観光客が多い都市として栄えています。「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」で1位に輝いたこともあり、住みやすい街として支持されています。自然も多く、福祉支援も全国トップクラス、家族で住むには最適な環境と言えるでしょう。

また、藤沢市は夏のイベントも満載です。毎年8月17日に行われる「鵠沼皇大神宮人形山車」は迫力満点で、三層式になった山車で市内を巡り、多くの人が訪れます。
特におすすめのイベントが「湘南祭」です。「サザンビーチちがさき」で毎年行われ、マーケットやスポーツ大会、ダンスショーなど、さまざまな催し物が開催されます。県外からも多くの観光客が押し寄せる藤沢市ですが、訪れた人が「住みたい!」とクチをそろえて言うのもうなずけます。

江ノ電の始発駅、3路線乗り入れの藤沢駅

江ノ電
小田急
小田急の看板
藤沢駅には、JR東日本、小田急線、江ノ島電鉄の3路線が乗り入れています。
JRは、東海道本線で東京駅と結ばれているほか、湘南新宿ラインを使えば新宿駅を経由して大宮駅まで直通で行くことができます。直通電車としては、東京駅・上野駅を経由して高崎線とを結ぶ上野東京ラインもあります。
小田急線は、各駅・急行・快速急行・ロマンスカー(一部)の停車駅となっていて、相模大野駅・町田駅を経由して新宿まで結ばれています。相模大野駅・町田駅での乗り換えを利用すると、千代田線との直通運転で北千住方面へも1回の乗り換えで行くことができます。
運転本数や乗り換えの都合もありますが、新宿や上野など都心方面への利便性は良い交通アクセスと言えます。

地元に愛される「江ノ電」

1900年の開業から100年を超える歴史を持つ江ノ島電鉄(通称:江ノ電)は、「藤沢駅」から「江ノ島」を経由し、「鎌倉駅」までを一本に結ぶ鉄道です。地域住民の交通手段としてはもちろんのこと、江ノ島や鎌倉エリアの観光スポットに通じていることから、観光客の足としても日々活躍しています。
藤沢駅は江ノ電の始発駅であり最終到着駅でもあるため、全国的にも知名度が高く利用者の多い駅となっています。

また、かつて路面電車だった頃の名残から、江ノ島~腰越間などで道路上を走る区間もあり、そのレトロな雰囲気も相まって鉄道ファンのみならず多くの人に愛されています。沿線駅がサザンオールスターズの楽曲にたびたび登場するなど、これまで多くのドラマやアニメ、音楽など、作品の題材にもなってきました。
近年では、台湾や中国・韓国などの観光客から、漫画『スラムダンク』のモデルとなった地域を訪れるロケ地巡りも人気を集めているようです。

商店街とグルメが充実!外食には困らない街

地元住民や観光客でにぎわう藤沢は、グルメスポットも満載です。ラーメンから焼き肉、カレー、寿司、イタリアンまで、グルメ激戦区として多くのお店がひしめき合っています。
人気店をいくつかピックアップしてご紹介します。

二郎系、家系ラーメン

ラーメン激戦区として知られる藤沢には、二郎系や家系などがっつり食べられるお店も多いです。定番のお店だけでなく、新しいお店も続々とオープンしており、ラーメン好きにはたまらない環境です。

らぁめん鴇

らぁめん鴇

「らぁめん鴇(とき)」地元の人だけでなく県外からも多くの人が訪れる人気ラーメン店です。看板メニューの「醤油味玉」は、鶏と貝類の出汁が利いており、飲み干したくなるほどコク深い味わいで、ストレートの自家製細麺との相性は抜群です。

沢むら

元寿司職人が作る魚介系ラーメンがおいしいお店です。魚を知り尽くした寿司職人ならでは濃厚魚介スープは、深いコクと旨味が最大限に生かされています。魚介系だけでなく、鶏出汁のラーメンもおいしいので、全メニュー制覇を目指して通っています。

YUTORi

YUTORI

クリーミーな豚骨ラーメンが自慢のラーメン店です。訪れた人のほとんどが「こんなにクリーミーなのは初めて」と驚いてしまうほどの滑らかさがあります。クリーミーながらあっさりとしていて、女性でも最後まで飲み干せるスープです。

おくう

おくう
希少部位が楽しめる焼肉店です。牛を一頭買いしているため、普段は食べることのできないような希少部位も楽しめます。常連客には「ミスジ」が 人気で、旨味と食感がクセになるおいしさです。

かこい

かこい
おいしい山形牛が食べられる焼肉店です。山形県の契約農場から一頭買いをしており、希少部位のメニューも豊富に取りそろえています。季節ごとの限定メニューも楽しめるため、年間を通しておいしいお肉が食べられます。

焼肉きんぐ

焼肉食べ放題と言えば「焼肉きんぐ」です。ランチなら1,980円で食べ放題が楽しめ、15時までに入店すればソフトドリンク飲み放題も無料になります。とにかくお腹いっぱい食べたい人にはおすすめのお店です。

ヨンドン

和牛と本場の韓国料理が楽しめるお店です。「絹のようだ」と比喩されるほど、きめ細かい「まつなが牛」を一頭買いで仕入れています。また、25年間変わらない秘伝のタレは、肉のおいしさを最大限に生かしてくれる名脇役となっています。このタレのためだけに行く価値のあるお店です。

灯花苑

灯花苑
藤沢に住んでいる人におすすめの焼肉屋を聞くと、多くの人が「灯花苑」と答えるほど有名なお店です。開店と同時に満席になるのは日常茶飯事です。予約をしていかないと2時間くらいの待ち時間は覚悟する必要があります。お肉はどれもサシと赤身のバランスが良く、食べやすいのが特徴です。

セラフィーノ

セラフィーノ

地元の食材を使用したイタリアンが楽しめるお店です。1人でも楽しめるように、2人用のメニューもお1人様の量で出してくれます。すべての料理にこだわりが見られるので、どれを選んでも絶品で、記念日や大切な人と食事を楽しむには最適な場所です。

Gatti

イタリアンを気軽に楽しめる居酒屋です。バルのように居心地は良く、料理は本格イタリアンで、一番人気の「牛肉3種の盛り合わせ」は低温調理で調理されているため、ジューシーで肉の旨味が凝縮されています。

シュクリア

シュクリア

創業から40年以上の老舗カレー店です。とにかくボリュームがすごいと評判で、普通盛りでもお腹がいっぱいになるほどの量です。カレーをがっつり食べたい、という人にはおすすめのお店です。

カレーステーション

サクッとカレーを食べたいなら、カレーステーションがおすすめです。カレーは400円、カツカレーも550円というお値段で食べられます。お財布に優しい値段設定で人気です。

まぜき

まぜき
旬の食材を丁寧に調理してくれるお寿司屋さんです。秋にしか食べられない「生ししゃも」が絶品で、毎年楽しみにしている常連さんもいます。おつまみメニューも豊富なのでお酒が好きな人にもおすすめです。

近藤

札幌出身の店主が握る超人気寿司店です。都内からわざわざ食べに来る人もいて、藤沢でもNo.1の呼び声が高いです。レベルの高いお寿司が都内よりも安く食べられるため、お店はいつもお客さんでいっぱいになっています。

大新

大新
地元の人から愛される中華料理屋さんです。名物の「大新ラーメン」は、ひき肉とシイタケがたっぷりかかっており、身体の芯から温まることができます。朝4時まで営業しているので、飲んだ後のシメにもおすすめです。

清香園

清香園

大人数で中華を囲むならこのお店です。定番の中華料理をリーズナブルな価格で楽しむことができ、いつもお客さんでにぎわっています。おすすめはパラパラの五目チャーハン、スープ付き650円は破格とも言えるでしょう。

匠

元プロ野球選手のマスターが切り盛りする、昔ながらの焼鳥屋です。焼き鳥もおいしいですが、マスターとの会話を楽しみに来ている常連客が多いです。野球が好きな人にはぜひ訪れてほしいお店です。

ホームラン

ホームラン

定番の焼き鳥がリーズナブルに楽しめるお店です。定番の居酒屋メニューも50種類以上あり、いつ行っても飽きることはありません。生ビールやハイボールが299円(税別)という価格もうれしいポイントです。

一徳

一徳

こだわりの焼き鳥を昔から提供し続けている老舗の焼鳥屋です。お店のルールが少し厳しいので、初心者は店内の貼り紙に書かれているルールを読み込んでください。ルールを守りさえすれば、店主も気さくで優しい人です。

みっちゃん

みっちゃん

定番のやきとんがリーズナブルに楽しめる大衆居酒屋です。いつも仕事帰りのサラリーマンであふれており、庶民が集まるお店として支持されています。20時までは生ビールが半額なので、仕事が早く終わった日は直行しましょう。

なお吉

なお吉
昭和の香りが漂う大衆居酒屋です。定番の居酒屋メニューも多く、値段もリーズナブルなので、ついつい注文し過ぎてしまいます。ちょっと一杯やりたいときにはおすすめのお店です。

買い物環境が充実!住みやすさ抜群

藤沢に住めば買い物に困ることはありません。ショッピングスポットも多く、駅周辺に行けば、大抵のものはそろえられます。駅周辺の環境を少し詳しくご紹介します。

百貨店や商店街、交通アクセスに便利な「北口」

さいか屋
ビックカメラ

藤沢駅の北側は、百貨店の「さいか屋」や「ルミネ」「ビックカメラ」があり、生活に必要なものはすべてそろいます。また、巨大なバスロータリーがあり、羽田や成田へのリムジンバスも出ています。東京まで出なくても生活が完結できるのはうれしいポイントです。
さらに北口近くには8つの商店街があるため、主婦や単身者の強い味方になっています。藤沢市役所もリニューアルをし、これからも発展していくことが期待できます。

ショッピングでにぎわい、若者が多い「西口」

ODAKYU湘南GATE
OPA

藤沢駅の「西口」には、「ODAKYU 湘南 GATE」「OPA」「ドン・キホーテ」などがあり、ショッピング施設が充実しています。若者向けの店舗が多く、いつも若い人たちでにぎわっています。また、商店街が6つあるため、食品から日用品まで、買い物には困らないでしょう。

生活に便利な再開発が進み、進化し続ける街

再開発の様子
藤沢市は市民に快適な生活を過ごせるために、開発や整備を進めています。2019年3月22日には「ODAKYU湘南GATE」がオープンしました。65の専門店と百貨店が集う、巨大商業施設としてにぎわっています。ショッピングやグルメだけでなく、シェアオフィスや歯科クリニックまであるのはうれしいポイントでしょう。

また藤沢駅の北口では「サンパール広場」が2019年12月のリニューアルに向けて工事中です。バリアフリーやユニバーサルデザインに対応した広場になり、高齢者や障害者の方でも安心して利用できる駅を目指しています。さらに藤沢に乗り入れるJR東日本線、小田急線、江ノ電3線は駅の位置を改善し、利用者がさらに使いやすい駅へと進化している途中です。

「湘南T-SITE」など、豊かな湘南のライフスタイルが魅力

スローフード、スローライフといった湘南ならではのライフスタイルは、多くの人々の憧れでもあります。そしてここ藤沢は、茅ヶ崎と並び「湘南エリア」を代表する街の一つです。

2017年には、藤沢駅と辻堂駅の間に、本がテーマのおしゃれなライフスタイルを提案する複合文化施設「湘南 T-SITE」がオープンして話題を呼びました。3棟からなる建物は「趣味&ライフスタイル・テクノロジー」、「スローフード・スローライフ」「子供とすごす豊かな時間」というテーマに分けられ、それぞれのテーマに即したショップがシームレスにつながり、ここ湘南から新しいカルチャーを発信しています。
「湘南T-SITE」では、施設全体がおしゃれなBOOK CAFÉのようになっており、館内の本を自由に読むことができるほか、年間約1,000本ものイベントやワークショップなども開催されています。

毎週日曜に開催される「湘南メルカート」というマーケットでは、化学肥料や農薬をなるべく使わない農産物や、無添加にこだわった食品など、スローライフを標榜する湘南ならではの視点で出店団体をセレクトしています。スローフード発祥の地であるイタリアの市場をモデルに、身体に優しい商品の販売を行っています。

豊かな湘南ライフが堪能できる観光スポット

藤沢市には湘南でしか味わえない観光スポットが満載です。人気のスポットをいくつかご紹介します。

迫力ある「ふじさわ江の島花火大会」

片瀬海岸で毎年行われる「ふじさわ江の島花火大会」。江ノ島をバックに贅沢なひとときを過ごすことができます。直径約480mまで広がる2尺玉は見る価値ありです。
※注:2019年に限り開催中止が決定していますが、2020年度以降は開催の検討がされています。

神奈川県の代表的な観光地「片瀬江ノ島海岸」

江ノ島海岸は毎年100万人以上が訪れる一大観光スポットです。「江の島大橋」または境川を挟んで「東浜」「西浜」と呼ばれ親しまれています。サーフィンなどもマリンスポーツも盛んで、日本中からサーファーが集まります。

リニューアルしてますます人気の「新江ノ島水族館」

新江ノ島水族館は2004年に「わくわくドキドキ冒険水族館」をコンセプトにリニューアルをしました。都心からのアクセスもよく、週末は家族連れでにぎわいます。見どころはもちろんイルカショーです。江ノ島をバックにジャンプするイルカたちは、ここでしか見ることができません。

湘南の海岸沿いに広がる「辻堂海浜公園」

辻堂海浜公園は「みんなが楽しめる公園」をコンセプトに、バリアフリーに対応した遊具やプールで遊べます。小学生以下の子供なら、自動車やゴーカートに無料で乗車可能です。鉄道ジオラマ模型や電車の運転シミュレーターもあるので、家族連れにはぴったりです。

湘南のランドマーク「江の島シーキャンドル(展望灯台)」

江ノ島のシンボルとも言える「江の島シーキャンドル」。丘の上にキャンドルのように立っていることから名付けられました。周りには遮るものもないため、江ノ島をぐるっと一望できます。夜になると幻想的なイルミネーションも楽しめるので、大人のデートにぴったりです。

湘南地区最大級の商業施設「湘南モールフィル」

湘南地区最大級のショッピングセンターとして知られる大型商業施設です。藤沢市民だけでなく、郊外からも多くの人が訪れてにぎわいを見せています。広大な敷地に103もの専門店がひしめき、1日中楽しめるスポットとして家族連れやカップルに人気です。1,400台分の駐車場があるので、荷物が多いときでも安心して買い物ができます。

どんな飲食店がある?

藤沢に多い飲食店は和食(271件)です。次いで多いのが、居酒屋(207件)、バー(105件)となっています。比較的和食の比率が高いエリアのようですが、洋食の中ではイタリアン(51件)が多く、焼き鳥(48件)・中華(48件)を抜いて上位にランクインしています。

どんな飲食店が出店チャンス?

藤沢に出店チャンスがあるのは、「和食」や「居酒屋」の業態です。これらのお店は藤沢にたくさんあるため、地域の特性と合っていると考えられます。
和食や居酒屋を開店予定の場合は藤沢を候補に入れてみると良いでしょう。今後、再開発により、さらなる観光客の流入が見込めます。ランチの需要が高まるため、湘南を感じられるカフェやレストランもおすすめです。

また、居酒屋の場合、女性や観光客を狙うなら個室やおしゃれさを重視するのがポイントです。地元の人を狙うなら、安さ重視の大衆居酒屋が最適です。
人気カレー店「ジャンゴ」「タバーン」の閉店もあり、カレー店の新規参入の余地も残っているでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
イタリアン・フレンチの居抜き
カレーの居抜き

藤沢の歴史

藤沢宿の道標
藤沢市は江戸時代より東海道の6番目の宿場町(藤沢宿)として栄えました。その後は気候も温暖であることから別荘地として開発され、皇族や政治家、著名人などの保養地として活用。富裕層が集まる地域として確立しました。

南部に位置する鵠沼海岸は、昔から海水浴場としてにぎわい、現在は片瀬西浜、鵠沼海水浴場として年間300万人の観光客が訪れます。日本のサーフィンやビーチバレー発祥の地とも言われ、日本中のみならず、世界中からサーファーも集まる海水浴場として発展しました。

第二次世界大戦後は東京のベッドタウンとして開発が進み、JRや小田急、江ノ電が集結する藤沢駅を中心に大都市化。関東を代表する都市として知られるように。また慶應義塾大学や日本大学などの有名大学のキャンパスも設置されている学生都市でもあります。

周辺の主なスポット

・境川
・藤沢市役所
・藤沢税務署
・南市民図書館
・秩父宮記念体育館
・神奈川県藤沢合同庁舎
・さいか屋
・小田急百貨店
・OPA
・新林公園
・湘南T-SITE
・永勝寺
・感応院
・清浄光寺(遊行寺) – 時宗総本山
・山王神社
・白旗神社
・伊勢山
・金砂山観音堂
・庚申堂
・藤沢御殿跡
・御幣山城跡
・小栗判官、照手姫の墓
・伝義経首洗い井戸
・旧・モーガン邸
・桔梗屋
・江の島道
・大清水境アジサイロード

藤沢に似た地域

逗子
神奈川県にある逗子は、逗子海岸の最寄り駅です。海に近いため、花火大会など夏のイベントも多く、地元住民と観光客の両方でにぎわっているところが藤沢と共通しています。

三ノ輪
路面電車 都電荒川線の始発駅となる三ノ輪は、「ジョイフル三ノ輪」という昭和レトロな商店街でも有名な街です。昔懐かしい電車の始発駅であり、商店街が元気な街という点が、藤沢と似ています。

高円寺
杉並区にある中央線沿線駅の高円寺には、駅周辺に14もの商店街が存在しています。商店街の多い街という点で藤沢と共通していますが、駅周辺の飲食店数は圧倒的に高円寺のほうが多くなっています。
高円寺(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

逗子・高円寺・三ノ輪の居抜き物件一覧

どんな客層?

藤沢のある藤沢市の総人口は431,752人(2018年)です。その中でも、世帯数は188,142世帯となっています。ファミリー層、単身層問わず幅広い世帯が住んでいるエリアです。男女比を見てみると、全体的に女性の人数が若干多い傾向にあります。

藤沢の人口特性

藤沢駅にはJR東海道線、湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄の4線が乗り入れています。2017年の1日乗降人数は、JRが108,917人、小田急線が165,124人となっており、小田急線の駅の中では代々木上原駅に次いで第4位となっています。また2016年の江ノ島電鉄の1日乗降人数は22,769人で、同社の全15駅の中では鎌倉駅に次いで第2位となっています。

藤沢の乗降客数

藤沢駅にはJR東海道線、湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄の4線が乗り入れています。2017年の1日乗降人数は、JRが108,917人、小田急線が165,124人となっており、小田急線の駅の中では代々木上原駅に次いで第4位となっています。また2016年の江ノ島電鉄の1日乗降人数は22,769人で、同社の全15駅の中では鎌倉駅に次いで第2位となっています。

藤沢の賃貸相場

藤沢で部屋を借りる場合の相場は、ワンルームの場合5万7,600円、1LDKの場合7万4,600円です。また2LDKは12万2,000円、3LDKは15万9,100円となっています。神奈川県の都心から少し離れたエリアとなるため、東京に比べて賃料相場はかなり低くなっています。

藤沢の店舗賃料相場

藤沢の店舗賃料は、月に20万~40万円という層が最も多くなっています。全体の45%を占めています。次いで多いのが、20万未満で25%です。平均賃料相場の推移を見てみると2016年に一度下がってからは、ほぼ横ばいとなっています。


Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.