用語集

リノベーション

リノベーションとはスケルトンリフォームとも呼ぶリフォーム手法です。一般的なリフォームと異なる点は、構造体を残して内装部分を解体する点にあります。スケルトンとは透明などの意味を持つ言葉ですが、リノベーションは柱などの構造体を残し、それ以外の部分をすべて解体工事を行って撤去をします。柱だけになった空間は、一つのフロアーになる、そのフロアーに新しい間取りを作り上げるのがスケルトンリフォームの特徴です。

一般的なリフォームでは水回りを他の場所に移動させることが困難です。水回りの位置を変えるためには現在の間取りを大幅に変更しなければなりません。内装を解体する時に構造体を残しておけば建物が倒壊することもありませんし、骨格をそのまま活用出来るため、解体で生じる産業廃棄物の量も減らせるメリットもあります。最近は、中古マンションを購入して自分たちのライフスタイルに合う間取りにする人や店舗を購入して、従来とは全く異なる職種のお店をリノベーションで手に入れる人が増えています。
 

賃貸物件のリノベーションのメリットは、現代のニーズに合う間取りに変えることが出来る点にあります。現代のニーズに合う間取りにするためには、建物すべてを取り壊して再建築をしなければなりません。店舗などの場合は、ビルの中にお店があるなどからも、建物すべてを取り壊すことが困難です。その点、リノベーションはフロアー単位で行うことが出来るの特徴で、時代のニーズに合った店舗に作り替えたい時でもその可能性を作り出してくれます。

時代が変わると人々が求めるニーズも変わるわけですが、建物すべてを取り壊すとなると時間も費用も多く掛かります。内装だけを解体するリノベーションは費用の節減効果も期待が出来ますし、施工期間もすべて取り壊して再建築するよりも短期間で新しい間取りのお店に変えられるメリットもあります。従来は雑貨店で利用していたお店も、キッチンスペースが必要になる飲食店に変えることも出来るのもリノベーションの魅力です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.