契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
五反田限定で物件探し。ミシュラン獲得シェフらと大衆的なイタリアン目指す!
物件番号
56846
業態
イタリアン・フレンチ
路線・駅名
JR五反田駅
面積
46.58m2 / 14.09坪
所在地
品川区西五反田

徒歩
5分
ご契約者様のプロフィール
田嶋 旭 様
中学卒業後、瓦職人として働いた異色の経歴をもつバリスタ。飲食業に転向してからは、イタリアンレストランやカフェで働き、店長も経験。その後独立・開業した武蔵小山の「イタリアンバール ガボット」では、駅前再開発による立ち退きまでの2年間、すべての月売上の前年度越えを達成したという実績を持つ。バリスタとしては、平成23年にラテアートチャンピオンシップにて優勝、翌年の世界大会ではベスト16の座を手に入れたという華々しい経歴をもつ。

 

【物件探しについて】懸念点あり悩んだ。でも、内装と立地に惹かれて取得

Q.物件探しはいかがでしたか?

以前のお店が立ち退きで撤退してから、2年後には、また自分の店をやりたいと計画していたんですよね。物件を探し始めたのは半年前くらいなんですけど、前の店が武蔵小山だったので、そこから近いエリアということで五反田に絞って探しました。いろんなサイトに登録していたんですが、五反田エリアにそもそもなかなか物件自体が出てこず、大変でしたね…。途中、何件か内見した物件があったんですが、金額が手が届かなかったり、定期借家だったり、周辺環境が悪かったりと、条件面で譲歩できないところが多く取得にはいたりませんでした。

今回の物件は地下ということで、最初は考えていなかったんですが、今年の初め位に内見してみたら、内装がとても素敵だったのでいいなと思いました。ただ、中に入りづらいという点がネックになり、どうしようかなとも悩んだんですよ。でもこの物件は、前の店とは徒歩15分くらいの距離で、以前のお客様にも来ていただける距離感でしたし、内装の良さが決め手になり、結局取得することにしました。やはり地下なので、入りづらさをどう克服していくかが今後の課題になりそうです。

【新しいお店について】目指すは五反田No.1のコスパ!伝統的イタリアンをカジュアルに。

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

シェフは、白金のミシュラン星付き獲得のあるアルチェッポ副料理長を務めた島袋、ソムリエは、ミシュランアロマフレスコやタンタボッカなど各名店で核メンバーとして活躍している岡田、そしてバリスタとして世界ベスト16になった実績を持つ私の3人で、それぞれの腕を持ち寄って提供する本格的なイタリアンというのがコンセプトです。それだけでなく、コース+飲み放題でオーダーしても4000円に収まるようなイメージで、五反田No.1のコスパを目指します。

また、よくイタリアンと称してアヒージョなど各国の料理を提供しているお店もありますが、私たちは”伝統的なイタリアン”にこだわっているというのも特徴かもしれません。特に肉料理がウリで、肉イタリアンとして楽しんでもらいたいんですが、宮崎の銘柄牛を使ったビステッカ(ステーキ)など、がっつり食べられる料理も充実させる予定です。また、パスタ アルフォルノ(パスタのオーブン焼き)といって、リガトーニをラザニア感覚で焼き上げたパスタ料理があるんですが、それはランチの人気メニューになるんじゃないかなと思っています。

基本的にはホールにイタリア語のオーダーが飛び交い、お客さんたちの笑い声で賑わう、ガヤガヤとしたカジュアルな雰囲気を大切にしていますが、もちろんソムリエがいるので、ワイン通の方のご要望にもきちんと応えられるよう、メニューにないワインもストックしておくつもりです。

 

本格的なのにびっくりするほどの価格設定で、オープンが本当に楽しみです!このたびは、弊社でご契約いただき誠にありがとうございました。

 

物件公開日
2017年12月13日
内見日
2018年1月12日(物件が公開されてから 29日)
申込日
2018年1月15日(物件の内見をされてから3日)
契約日
2018年1月26日(物件に申込をされてから11日)
オープン予定日
4月1日
業態
イタリアン
店舗名
検討中
物件取得 実際の金額
約570万円
当初想定予算
約300万円
予算の相違
五反田の物件がなかなかでてこなかった。でてきても手が届かないような額だったりと条件が合わず、いろいろと譲歩しなくてはいけないところがでてきた。
物件探しでの苦労
五反田限定で探していたので、なかなか物件がでてこなかったところが苦労した。