契約の決め手

12月契約⇒3月引き渡し。余裕を持った行動で、じっくりとした準備を可能に【元町・中華街】

林 小軍
12月契約⇒3月引き渡し。余裕を持った行動で、じっくりとした準備を可能に【元町・中華街】
物件番号
59838
旧業態
中華
路線・駅名
みなとみらい線 元町・中華街駅
面積
369.74㎡ / 111.85坪
所在地
神奈川県横浜市中区
徒歩
4分

デザイン会社との協議が大変。しかし引き渡しまで余裕があるためじっくり考えられる。

飲茶専門店の開業を目指すお客様にご契約いただいた物件は「横浜大世界」の正面から延びる、横浜中華街の中でも有数の活気溢れる通りに面した物件。
物件探し自体は昔からアンテナを張って行っていたと語るご契約者様。今回も3月引き渡しの物件を12月中にご契約いただくなど、時間に余裕を持った行動を心掛けている様子。
デザイン会社との内装・外装に関する話し合いや取り決めが特に大変になりそうとのことだが、引き渡しまでの時間に余裕があるおかげでじっくりと考えを練ることができそうだ。

Q.物件探しを開始してから契約まで、どれくらいかかりましたか?

物件探し自体は昔からやっていました。
アンテナを張って、良いところに空きが出たらそこにしようという感じでの物件探しでした。

Q.今回の物件に決めた理由を教えてください。

やはり人通りが多いことですね。
中華街の中でも特に人通りの多いところなので、そこを通る方々をお店に呼び込んでいきたいと思っています。

Q.人通りが特に多い通りに面した店舗ですが、テイクアウトができるスペースなどは考えていらっしゃいますか?

これからデザイン会社と内装・外装に関する話し合いや取り決めを行うので、そのような点についてはしっかりとデザイン会社と話し合って決めたいと思います。
現時点(2018年12月のご契約時)ではお店のコンセプトもデザインもまだまだ考案中ですが、引き渡しが3月なのでじっくり考えます。

Q.物件探しで苦労したことはありましたか?

物件探しを行ううえでは、特になかったですね。
これからはデザイン会社との内装・外装に関するやり取りがあるので、それが大変になりそうです。

Q.まだまだ余裕をもって考案中のことも多いかと思いますが、どのようなお店にしたいですか?

まだお店の名前やメニューは考えているところですが、飲茶専門店をオープンしたいと考えています。
3月に引き渡しということもあるので、これから決めていきます。

物件探しから開業の準備まで、余裕をもっての行動が非常に印象的でした。
ご契約から引き渡しまでの期間が長いからこそ考察や準備をじっくりと行え、ご自身のこだわりが詰まった納得のいくお店にすることができそうですね!

この記事で紹介された人
林 小軍さん

横浜中華街の著名な中華料理店より独立を決意。この度、横浜中華街でも特に通行人の多い通りに面した物件をご契約いただく。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.