街レポート

千石(文京区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

千石(文京区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都文京区の千石は、江戸時代にはお屋敷町として栄えていたエリアです。各所に歴史を感じられる街並みがあり、高級住宅地としての気品が漂う街です。
子育て世帯にとっても住環境が良いため、ファミリー層に人気の街でもあります。
今回は、そんな千石エリアについてご紹介します。

豊かな自然と文化に恵まれた高級住宅地

東京都文京区は、多数の教育機関が所在する、文化的な街です。そんなエリアに位置する千石も、もちろんその例外ではありません。文京区の中でも高級住宅地としての色が強く、子育て世帯にとっては多くの魅力があるのが、千石エリアの特徴です。
歴史ある「千石緑地」や「小石川植物園」をはじめ、緑豊かな環境に恵まれている一方で、東京大学をはじめとした学校が周辺エリアに点在している充実した教育環境。お子さんの将来を真剣に考える親御さんにとっては、家族で暮らす街として大きなメリットを感じられるのではないでしょうか。

“お屋敷町”の名残が各所に根付いた街

文京区にある千石エリアは、江戸時代には多くの町屋や武家屋敷が集まる、“お屋敷町”としてその名を馳せていました。今では、閑静な高級住宅街としての落ち着きを感じられる地域となっていますが、その名残は現代まで残された樹林地こと「千石緑地」に見出すことができます。

自然豊かな千石緑地は、樹齢100年以上ともいわれるムクノキをはじめ、都会の中心で大自然を感じられるスポットです。
こちらは、かつて千石エリアに屋敷があったといわれる、一橋徳川家によって寄付されたものだといわれています。そんな千石緑地は、内部に張り巡らされた園路を歩きながら、自然を満喫することができます。大昔から続く自然を感じながら、散歩を楽しみましょう。

そのほかにも、享保年間に創業してから米屋として伝統的にこの地に続いてきた「伊勢五」も、登録有形文化財に指定され、現代まで残されています。
文化財である店舗は明治時代、土蔵づくりの蔵は大正時代に建てられ、昭和になって改造されたものです。千石を歩けば、各所にこの街の長い歴史を感じられる名残が見つかります。
休日には気軽に歴史散歩を楽しめるのが魅力です。

ブランドエリアとして名高い高級住宅地

文京区といえば、東京大学をはじめとして歴史ある教育機関が多く位置し、文化を感じられる街としてその名を知られています。そんな中でも、千石エリアは高級住宅地として多くの方が憧れを抱いている地域です。
大通りからやや離れたところにある住宅街は、マンションが少ないことから全体として日当たりも良く、地盤も安定しているといわれています。
古き良き街並みが残されており、ファミリー層が多いことから、治安の面でも安心できるといえるでしょう。

緑豊かであり、教育機関にも恵まれた環境は、子育て世帯にとっても十分に暮らしやすさを感じられます。
教育に熱心な親御さんであれば、お子さんの将来を考える上で周辺エリアの学校への進学を視野に入れることができ、長い目で見ても住み良さを実感できるといえます。
落ち着きのある住宅街が広がる一方で、交通アクセス環境も良好です。通勤や通学にも利便性が高く、家族のライフスタイルにフィットしやすいのが魅力となっています。

都内主要エリアにもアクセスしやすい立地

文京区にある千石駅には、都営地下鉄三田線が乗り入れています。1駅先には巣鴨駅があり、こちらから乗り換えをすればJR山手線を利用できることから、東京・新宿・渋谷・池袋・上野をはじめとした都内主要エリアへのアクセスも便利です。
また、千石駅から都営バスを利用すれば、池袋や上野方面へもアクセス可能であり、電車や地下鉄のほかにも交通手段が充実しています。

通勤に便利なエリアですが、周辺に多くの教育機関があることから、通学にも利便性が高いエリアだといえます。お子さんの長距離通学をなるべく避けたい親御さんにとっても、多くのメリットを感じられるのではないでしょうか。

緑豊かで文化的な暮らしが叶えられる

千石エリアと隣接している「小石川植物園」は、東京大学に付属する研究施設です。世界的にも古い歴史を持つ植物園であり、その始まりは江戸時代の貞享元年にまで遡ります。当時の小石川植物園は、「小石川御薬園」と呼ばれる徳川幕府の施設でした。
その後、明治時代に東京大学が設立されるとともに、付属の植物園として一般の方にも公開されることになりました。

そんな小石川植物園は、休日に家族で足を運ぶと、都会の中心にいながら豊かな自然を感じることができます。広い敷地内を散歩するだけでも楽しめますが、園内に生息している植物の中には、後生に伝わる有名な実験に使われたものも多数あります。
たとえば、「メンデルのブドウ」や「精子発見のイチョウ」はその一例です。お子さんを連れて家族で訪れれば、文化的な休日を満喫できます。

ほかにも、千石エリアの中央に位置する「千石緑地」や、巣鴨大鳥神社の目の前に位置する「文京宮下公園」、千石保育園に隣接する「千石公園」など、地域には緑豊かな環境が整っています。
子育て世帯が、緑豊かな街で文化的な暮らしを実現できるのは、千石エリアで暮らす大きな魅力だといえます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

閑静な住宅街が広がっている千石エリア。飲食店の数は、全体的に都内のほかのエリアと比べてやや少なめです。もっとも多いのは和食店で178件。次に、僅差で居酒屋の117件が多く所在しているものの、ほかの業態はいずれも100件以内にとどまっています。

どんな業態が出店チャンス?

出店戦略においては、その地域で繁盛している業態と、あえて同じ業態の店舗を出店することで、成功しやすくなるという考え方があります。千石エリアでは、「和食」と「居酒屋」がとりわけ多いことから、これらの業態での出店が成功につながる可能性が高いと考えられます。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き

周辺の主なスポット

・六義園
・東洋文庫ミュージアム
・一行院
・巣鴨大鳥神社
・駒込富士神社
・天然寺
・教元寺
・東京大学付属植物園
・東京大学
・小石川後楽園
・根津神社
・南谷寺 (目赤不動)
・仙龍寺
・養昌寺
・龍光寺
・定泉寺
・簸川神社
・蓮久寺

千石に似た地域

田園調布

都内でも有数の高級住宅街である田園調布は、同じく閑静な住宅街が広がる千石と似ているエリアです。

両国

JR山手線が乗り入れる巣鴨駅の、ほど近くに位置する千石。これと同様に、東京駅までアクセスしやすい両国駅は、千石と似ている地域といえます。
両国(墨田区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

白金高輪

エリア内に複数の公園を有し、自然環境に恵まれた白金高輪には、緑豊かな千石と共通しているものがあります。
白金高輪(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

両国・田園調布・白金高輪の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
千石が位置する文京区は、昼間の人口が345,423人と、夜間と比べてやや多い傾向にあります。日中は近隣に住む主婦や学生が客層の中心となり、ランチ平均単価は1,000円以内です。

【平日/夜】【土日】
文京区の夜間人口は206,626人にまで落ち込みます。ディナー平均単価は1,000円以下とリーズナブルで、客層の中心は地域住民であると考えられます。

人口特性

2018年度の調査によると、文京区千石一丁目から四丁目は、いずれも男性よりもやや女性のほうが多い傾向にあります。千石一丁目は男性1,847人女性2,081人、二丁目は男性2,211人女性2,422人、三丁目は男性2,219人女性2,394人、四丁目は男性2,777人女性3,055人が暮らしています。

乗降人数

都営地下鉄三田線の千石駅は、1日に31,712人の方が利用している駅です。こちらは2016年度の1日乗降人数ですが、利用者は年々増加傾向にあります。2012年の時点での乗降人数は29,201人だったものの、翌年には3万人を突破しました。

千石の賃貸相場

ファミリー層に人気の千石エリアは、2Kの賃料相場が9~10万円、2DKが約13万円、2LDKが約20万円となっています。3LDKでは25万円以上にも達し、やや相場は高めです。ワンルームでも10万円を超える場合があり、単身者にはやや暮らしにくいかもしれません。

千石の店舗賃料相場

千石駅周辺の店舗賃料相場は、徒歩数分圏内でも8万円からの物件が見つかるなど、文京区のほかのエリアと比較して低い傾向にあります。文京区全体では、駅から徒歩数分で20万円前後の物件が多い傾向にあり、住居の相場と比べて店舗賃料相場は平均的な価格といえます。

千石(文京区)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.