契約の決め手

最初は横浜で探すも苦戦。都内までエリアを広げ物件取得。【神保町】【ラーメン】

五ノ井 誠
最初は横浜で探すも苦戦。都内までエリアを広げ物件取得。【神保町】【ラーメン】
最初は横浜で探すも苦戦。都内までエリアを広げ物件取得。【神保町】【ラーメン】
物件番号
58454
業態
ラーメン
路線・駅名
都営新宿線・神保町
面積
30.28㎡ / 9.16坪
所在地
千代田区猿楽町
徒歩
4分

ご契約者様
五ノ井 誠さま
ご経歴
2001年に麻布十番の和食店に勤務し飲食のキャリアをスタート。ホールと調理を両方兼務する。その後、2007年に創業50年の歴史を誇る渋谷の担々麺屋「亜寿加」にて調理業務に従事。2015年には、同店にて店長に就任する。そしてこのたび自身のラーメン店開業のため、神保町に物件を取得。
探しはじめ
1か月前から
契約日
2018年6月28日
当初探した地域
横浜
内見数
10件くらい
この物件(地域)に決めた理由
立地条件が気に入り取得しました。
物件探しで苦労したこと
探している条件の物件がなかなかみつからなくて苦労しました。
業態・コンセプト
ラーメン(担々麺)

最近は激辛ブームもあり、担々麺は辛いもの好きの方々の食べ物の一つとして見られてしまっている傾向がありますが、私は子供から大人、お年寄りまで幅広い年齢層の方々が美味しく食べられるラーメンだと思っています。巷に溢れる担々麺はより辛く、より痺れることをウリにしているお店がほとんどですが、それとは異なる独自の手法で、満足していだける担々麺を提供していきたいと思っています。食べ終えた方が幸せな気持ちになって帰っていただけるような、そんなお店にしたいです。

おすすめメニュー
俳骨担々麺、担々麺

看板メニューは、厳選したいり胡麻を毎日お店で挽き、練り上げて作る自家製の「芝麻醤(ゴマペースト)」、同じく厳選した粉唐辛子をオリジナルブレンドし花椒の香りや香味野菜の香りを映した油で仕上げる「自家製ラー油」、そして豚ガラ、鶏ガラ、様々な香味野菜のうまみを丁寧に抽出した「清湯」スープ、特性ダレに漬け込んだ豚肩ロースを180度の油でからっと揚げた「俳骨(バイク―)」など、こだわりの材料を用いてつくった「俳骨担々麺」です。長年の調理経験で培った技術・経験・感覚をフルに活かした「担々麺」「俳骨担々麺」を是非、一度味わってみてください。

オープン予定日
2018年8月中旬~下旬

記事に登録されているタグ

この記事で紹介された人
五ノ井 誠さん

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.