東京都渋谷区北部に位置する幡ヶ谷。京王新線を利用すると、主要駅である新宿までたった5分という良好な環境にあります。駅前からは渋谷方面に向かうバスも出ており、都内中心部へのアクセスには事欠きません。商店街やスーパーなど、暮らしに直結する施設が多く揃っているため、住みよい条件が整っています。こちらでは、そんな幡ヶ谷の魅力についてご紹介します。

商店街と文化施設が同居する街

幡ヶ谷には2つの商店街が存在します。北口を出ると「6号通り商店街」、南口を出ると「西原商店街」があるため、買い物にも困りません。商店街には、生活に役立つ日用品を扱っている店舗や、おしゃれな飲食店が立ち並びます。ほかにも、駅前にはスーパー、駅地下には居酒屋・飲食店・Barが混在する「幡ヶ谷ゴールデンセンター」があります。暮らしに便利なだけでなく、娯楽施設も多数存在するため、住みよい街として知られています。

また、幡ヶ谷駅から南方面に15分ほど歩くと、おしゃれな街として注目の代々木上原に到着します。周辺に公園が17カ所あり緑が多いことや、ペットとの同伴可能な店舗が多数存在することから、幡ヶ谷から代々木上原までの奥渋谷を気ままに散歩してみるのもおすすめです。

文化的な時間を過ごせる「新国立劇場」

幡ヶ谷駅から新宿方面に3分ほど歩くと見えてくる新国立劇場は、オペラ劇場・中劇場・小劇場から成る劇場であり、本格的なオペラやバレエ、現代舞踏や演劇を鑑賞することができます。それぞれの収容人数は、オペラ劇場1,814席、中劇場1,038席、小劇場468席となっており、比較的大規模な公演が行われています。新国立劇場は、“劇場内はどこの席からでも舞台がよく見える”“音響設備がよく音が通りやすい”“照明設備が充実している”といった要素が高水準で備わっており、芸術作品を快適に鑑賞できる環境が整えられています。その一方で、高校生向けの公演や、ファミリーや子ども向けの公演も行われているため、どんな方でも気軽に足を運べるのも魅力です。

アートから趣味までなんでも揃う「東京オペラシティ」

新国立劇場の隣にそびえ立つ「東京オペラシティ」は、クラシックのコンサートやアートギャラリーを楽しむことができる超高層ビルです。地下1階には「サンクンガーデン」と名付けられた解放感のある地下道があり、多くの飲食店やカフェが立ち並んでいます。サンクンガーデンは、例年クリスマンシーズンになると巨大なクリスマスツリーが飾られるなど、盛り上がりを見せているスポットです。また、東京オペラシティには、地下1階から54階まで飲食店・書店・フィットネスジム・ホットヨガスタジオ・クリニックなどの幅広いサービスが展開されており、休日をゆったり過ごすのに最適な、なんでも揃う便利な環境が整えられています。

ファミリーで遊べるスポットも充実

幡ヶ谷駅南口から3分ほど歩いた場所にある「渋谷区立西原図書館」は、書棚の間隔を広くするなどして、車イスの方も利用しやすく配慮された環境づくりが魅力となっています。毎月、絵本や紙芝居の読み聞かせや、工作といった親子で楽しめるイベントが行われているのが特徴です。また、都内の美術館や博物館の図録類も充実しており、大人から子どもまで年齢を問わず利用できるようになっています。ファミリー層が休日にお出かけするスポットとしてもおすすめです。

幡ヶ谷駅南口から3分ほど歩くと見えてくる「渋谷区スポーツセンター」は、区内在住・在勤・在学の方ならどなたでも利用できる施設です。初心者のスポーツ教室や親子で自由に遊べる「にしひら子育てひろば」もあり、子ども連れの方も安心して利用できます。また、当日券売機で使用券を購入して利用する方法のほか、体育館や武道場、会議室の予約もできるため、多種多様な利用方法が可能です。ご家族でスポーツを楽しみたいときに活用できます。

駅周辺のスパでゆったりとリラックス

幡ヶ谷駅周辺には、複数の銭湯があります。北口から3分ほど歩いたところにある「観音湯」では、電気風呂や露天風呂をはじめとした、さまざまなお風呂を楽しめます。ほかの銭湯よりも温度が数度低く設定された水風呂があるため、ぜひサウナとの組み合わせを味わってみてください。南口から3分ほど歩くと、マイナスイオンで体が安らぐミストサウナ、マッサージ効果抜群の全身ジャクジーバスや週替わりのハーブ湯が嬉しい、「仙石湯」があります。北口から15分ほど歩いたところにあるのが、天井が高めに作られており、壁には富士山のペンキ絵が描かれている「月の湯 南台」。ジェット風呂や薬湯も完備で、レトロスタイルを貫いているのが魅力となっています。

商店街で開催される夏祭り

幡ヶ谷には商店街が2つありますが、それぞれの商店街をあげて、夏祭りが開催されます。6号通り商店街では「6号祭り」、西原商店街では「にしはら夏まつり」が行われます。「6号祭り」では、出店やゲームに加えてギフト券や人気テーマパークのペアチケットが当たるビンゴ大会が行われており、「にしはら夏祭り」では子どもも参加できるプロレスイベントや阿波踊りといったさまざまな催しが行われています。季節感を感じられるイベントに参加して、同じ街で暮らす方たちとの親交を深めましょう。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

幡ヶ谷に多い飲食店は居酒屋(216件)・和食屋(210件)・BAR(130件)・イタリアン、フレンチ(75件)です。北口を出た先の大通り沿いには、多くの居酒屋や和食屋が並んでいます。大衆的な雰囲気のお店が人気のエリアです。

どんな業態が出店チャンス?

幡ヶ谷に出店チャンスがあると考えられるのは、『居酒屋』や『和食』の業態です。これらのお店は幡ヶ谷にたくさんあるため、地域と合っていると考えられます。居酒屋や和食を開店予定の方は、幡ヶ谷を候補に入れてみてください。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・渋谷区スポーツ施設 スポーツセンター
・東京ジャーミイ トルコ文化センター
・戦国フォトスタジオ
・東京オペラシティ
・東京都庁舎
・明治神宮
・新国立劇場
・代々木公園
・東京観光情報センター都庁本部
・新宿中央公園
・代々木八幡宮

幡ヶ谷に似た地域

高円寺

高円寺には「高円寺純情商店街」や「高円寺あづま通り商店街」といったように、商店街がたくさんあります。幡ヶ谷と似て買い物がしやすい地域です。
高円寺(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

下北沢

下北沢駅には京王井の頭線と小田急小田原線が乗り入れており、新宿や渋谷といった都内主要駅に短時間で行けるのが、幡ヶ谷との共通点と言えます。
下北沢(世田谷区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

荻窪

荻窪には緑豊かな「大田黒公園」があり、いつでも自然の中で癒やされることができます。自然豊かな幡ヶ谷と似ています。
荻窪(杉並区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

高円寺・下北沢・荻窪の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
他の地域に仕事に出かけてしまう方が多いため、幡ヶ谷の昼間人口は夜に比べて少なくなります。飲食店は、商店街に来たお客さんが利用することが多く、メニューは1,000円以下というお店が多数です。

【平日/夜】【土日】
他の地域に仕事に出かけてしまう方が多いため、幡ヶ谷の昼間人口は夜に比べて少なくなります。飲食店は、商店街に来たお客さんが利用することが多く、メニューは1,000円以下というお店が多数です。

人口特性

渋谷区の総人口は226,075人(2018年)です。その中でも、世帯数は137,099人となっています。ファミリー世帯も単身世帯も、どちらも多く住んでいるエリアです。男女比を見てみると、全体的に女性の人数が若干多い傾向にあります。

乗降人数

幡ヶ谷駅には京王電鉄京王線が乗り入れています。2016年の1日平均乗降人員は31,992人でした。急行停車駅にもかかわらず、急行や区間急行の通過駅である下高井戸駅と八幡山駅や、急行の通過駅である仙川駅よりも利用者が少なくなっています。

幡ヶ谷の賃貸相場

幡ヶ谷で部屋を借りる場合の相場は、ワンルームの場合8.35万円、1LDKの場合15.04万円です。都内のほかの地域と比べて賃料は高めになっています。しかし、渋谷区全体の家賃と比較すると、お手頃な価格で借りられるエリアです。

幡ヶ谷の店舗賃料相場

幡ヶ谷の店舗賃料は、月に20~40万円という方がもっとも多くいらっしゃいました。こちらが全体の53%を占めています。平均賃料相場の推移を見てみると、2016年に一度大きく上昇しましたが、2017年には元の数字まで戻っています。

幡ヶ谷(渋谷区)エリアの居抜き店舗物件を見る