東京都江東区の森下は、清澄白河や門前仲町と同様に、「深川エリア」に位置しています。
駅周辺には落ち着きのある住宅街が広がり、おしゃれなカフェも見つかります。かつては小名木川の傍にある物流の拠点でしたが、現在は異なる形で発展を遂げたようです。
こちらでは、そんな森下エリアの特徴についてご紹介します。

小名木川の傍に位置する落ち着いた住宅街

森下エリアは、小名木川と隅田川のほど近くにある地域です。かつては物流の中心地として栄えた歴史があり、多くの宿が存在していたようですが、現在は落ち着きのある住宅街となっています。

駅周辺には大型商業施設などがあるわけでなく、飲食店やコンビニエンスストアが点在しています。治安が良いことから、ファミリー層や女性の一人暮らしにも選ばれているエリアです。その一方で、“カレーパン発祥の地”であるお店や、愛され続ける郷土料理「深川めし」のお店など、ここでしか食べられないグルメを求めて足を運ぶ方の姿も珍しくありません。
都内では比較的落ち着きを感じられるものの、都営地下鉄を利用して都内主要エリアへも出やすく、交通の利便性も高いといえます。

深川エリアで初めに開発された歴史がある

東京都江東区の森下は、現在人気の清澄白河や門前仲町と合わせて、「深川エリア」と呼ばれる地域に位置しています。
清澄白河といえば、おしゃれなカフェが集まり、最先端のアートの街として知られています。門前仲町は、下町情緒が現在まで残されており、住みやすさから注目を集めている街です。
そんな深川エリアの中でも、森下は清澄白河とともに、初めに開発されたという経緯があります。

もともと深川エリアは、江戸時代の物流を支えた小名木川の周辺にありました。小名木川の周辺には、川を通じて運ばれた物資を保管するための蔵が建てられ、発展を遂げたといわれています。
このとき、森下エリアは深川神明宮の門前町でした。当時は多くの日雇い労働者がこの街で暮らしていましたが、現在では落ち着きのある住宅街となっています。

大型商業施設が少なめの落ち着きある街並み

深川エリアに位置している森下には、女性向けのカフェをはじめとして、おしゃれな店舗が各所に見受けられます。かつては宿泊施設が多く存在していたようですが、住宅街が広がる現在の森下は、都内でも治安が良好なエリアとして知られるようになりました。
ファミリー向けの物件も多く、暮らしやすい地域ではありますが、大型商業施設や大型スーパーマーケットはやや少なめの傾向にあります。
その分、静かで落ち着いた雰囲気があるものの、休日にはほかのエリアへ出かける方が少なくありません。大通り沿いでも飲食店はあまり見受けられず、住宅街らしい風景が広がっています。
そんな街並みの特徴から、ファミリー層だけでなく、女性の一人暮らしにも向いているエリアだといえるでしょう。

利用できる路線が複数ある利便性の高さ

森下駅には、都営地下鉄新宿線および大江戸線の、2路線が乗り入れています。複数の路線を利用できる利便性の高い立地です。都営新宿線を利用すれば、新宿まで乗り換えなしでアクセスできます。

一方、大江戸線では上野や六本木といった都内主要エリアへも出られるため、通勤や通学にも困りません。
駅前から出ているバスを利用すれば、押上方面へも足を伸ばせます。
住宅街が広がっているこのエリアは、日常的に駅を利用する地域住民が少なくありません。比較的人が集まりやすい駅の周辺には、コンビニエンスストアや飲食店が点在しており、通勤および退勤時のビジネスマンや、電車通学をする学生が足を運ぶと考えられます。

知る人ぞ知る、味わい深い飲食店が点在

人気の老舗が健在する“カレーパン発祥の地”

落ち着きのある住宅地としての印象が強い森下エリアですが、実は“カレーパン発祥の地”としての意外な顔を持ち合わせています。
森下駅から徒歩圏内には、老舗のパン店である「カトレア」があります。こちらの店舗によって昭和2年に「洋食パン」という名で生み出されたのが、現在に伝わるカレーパンです。

今やお馴染みとなっている、揚げたてのパンの中にカレーが入っているスタイル。そんなカレーパンの元祖である「カトレア」は、老舗ながら行列ができるほどの人気を集めています。
住宅街である森下には、実は知る人ぞ知るグルメを楽しむために足を運ぶ方も少なくありません。

魚介出汁がきいた伝統的な郷土料理「深川めし」

森下を含む深川エリアには、農林水産省郷土料理100選にも選ばれた、伝統的な郷土料理があります。それは、生のアサリを玉ねぎと合わせて味噌で煮込み、熱々のご飯の上にかけた「深川めし」です。
江戸時代の深川エリアには、多くの漁師が暮らしていたと言われています。そこで、深川エリアでとれた新鮮なアサリを使用し、忙しい仕事の合間にもすぐに用意できる「深川めし」が誕生しました。

現在では、埋め立てによって深川エリアは海から離れてしまいましたが、こちらの郷土料理からはこの街が辿ってきた歴史が感じられます。
深川エリアに位置する森下にも、「深川めし」を味わえる飲食店が残されており、地元の割烹料理店にグルメを求めて訪れる方がいらっしゃいます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

意外にもグルメの街としての側面を持つ森下エリアには、278件の和食店、190件の居酒屋、103件のカフェがあります。“カフェの街”として有名な清澄白河と隣接しているエリアであるためか、ほかの地域と比べてカフェの割合が多くなっているようです。

どんな業態が出店チャンス?

森下エリアでもっとも多い業態は『和食』と『居酒屋』です。郷土料理「深川めし」を提供している老舗割烹料理店に人気が集まっており、和食のニーズが高いと予想されます。あえて繁盛店と同じ業態で出店することで、相乗効果を狙うという戦略が考えられるでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
カフェの居抜き

周辺の主なスポット

・深川神明宮
・長慶寺
・折箱博物館 木具輪
・弥勒寺
・要津寺
・墨田住宅センター建築道具・木組資料館
・芭蕉記念館
・清澄庭園
・東京都江戸東京博物館
・深川江戸資料館
・西光寺
・桐の博物館
・芭蕉庵史跡展望庭園
・田河水泡・のらくろ館

森下に似た地域

白金高輪

白金エリアに分類される白金高輪は、高級住宅街として有名です。おしゃれなカフェや雰囲気の良い飲食店が集まるという点では、森下と共通しています。
白金高輪(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

高田馬場

JR山手線で新宿・渋谷・池袋にアクセスしやすい高田馬場は、森下と同様に都内主要駅へ出やすい地域です。また、高田馬場でも話題のグルメを楽しめます。
蒲田(大田区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

四谷

公園が多く、落ち着いた街として知られる四谷は、森下とよく似ています。どちらの地域も治安がよく住みよい街と言えるでしょう。
四谷(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

高田馬場・四ツ谷・白金高輪の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
江東区の深川地区にあたる森下一丁目から五丁目には、6,332世帯があります。このうち、男性は5,344人、女性は5,156人でほぼ同数となっています。もっとも人口が多いのは3,606人が暮らす森下三丁目で、次に多いのは2,282人が暮らす森下四丁目です。

【平日/夜】【土日】
江東区の夜間人口は498,109人となり、日中と比較するとやや落ち込みます。森下エリアでは、帰宅したビジネスマンが落ち着いた店舗で食事を楽しむと考えられ、ディナー平均単価は2,000~3,000円です。

人口特性

江東区の深川地区にあたる森下一丁目から五丁目には、6,332世帯があります。このうち、男性は5,344人、女性は5,156人でほぼ同数となっています。もっとも人口が多いのは3,606人が暮らす森下三丁目で、次に多いのは2,282人が暮らす森下四丁目です。

乗降人数

森下駅における都営新宿線の乗降人数は、1日あたり77,157人です。それに対して、都営大江戸線の乗降人数は69,904人。両者を合算すると、147,061人が利用していることになります。両線ともに、利用者数は年々増加傾向にあり、今後も増加していくと予想されます。

森下の賃貸相場

森下の賃貸相場は、ワンルームや1Kで8万円前後、1DKで9万円前後です。2K以上になると相場は10万円を超え、2DKで11万円前後、2DKで17万円前後が目安となります。ファミリー向けの物件はやや少なく、全体的に相場は高い傾向にあります。

森下の店舗賃料相場

森下駅周辺の店舗賃料相場は、条件の良い物件ですと徒歩圏内で40万円に達することがあります。同じく深川エリアである門前仲町では30~40万円が相場となっており、都内の中で比較してもやや店舗賃料相場は高い部類に入るといえます。

森下(江東区)の居抜き店舗物件を見る