街レポート

上大岡(横浜市港南区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

上大岡(横浜市港南区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

横浜市港南区の中心地である上大岡は、横浜市の主要な生活拠点に指定されている住みやすい街です。京浜急行と横浜市営地下鉄ブルーラインの2路線が利用でき、ともに快速が停車することから、様々な街へつながる交通結節点としての役割も担っています。今回はそんな上大岡の魅力についてご紹介したいと思います。

大規模再開発によって生まれ変わった街

上大岡は横浜市港南地区で最も大きな街のひとつであることから、商業・行政の中心地としても機能しています。90年代から開発が進んだ駅周辺は多くの商業施設に恵まれ、飲食店も多数あります。

上大岡のバスターミナルは横浜最大規模でアクセス抜群

上大岡駅にあるバスターミナルは横浜で最大規模を誇っています。京急バスや横浜市営バス、江ノ電バスなど合計50系統のバスが発着しており、横浜近郊だけでなく東京都内へのアクセスも抜群です。

横浜の主要都市だけでなく、都心へのアクセスも便利な街

京浜急行線と市営地下鉄ブルーラインの2路線を利用できる上大岡は、どこへ行くにも便利な街です。

京浜急行の快特を利用すれば、横浜駅までは9分で出ることができますし、ブルーラインでみなとみらい地区の桜木町駅や、開港当時から横浜の中心地である関内駅などへも11分~13分で出ることができます。また、京急を使うと品川駅にも直通でつながっており、横浜まで出て湘南新宿ラインに乗り換えれば、渋谷や新宿などの都心へも乗り換えなしな上、約45分で到着できます。

さらに、京急が羽田空港駅、市営地下鉄が新横浜駅へつながっているため、毎日の通勤だけでなく、旅行や出張などにも便利な街といえるでしょう。

駅前開発がほぼ完了し、大型ショッピング施設や娯楽施設が充実

上大岡は現在、横浜市内でも有数の繁華街として知られています。90年代から、横浜の副都心として市街地活性化事業が行われ、駅前は大きく変化してきました。

現在はA地区、B地区、C南地区の3地区での再開発がすでに完了し、A地区には「ゆめおおおか」、B地区には「カミオ」、C南地区には「mioka(ミオカ)」という、いずれも大きな商業施設が建っています。miokaとカミオは上層階に、それぞれ「上大岡タワー ザ レジデンス」、「横浜ヘリオスタワー」というマンションが連結した複合施設となっており、「ゆめおおおか」にはヨドバシカメラなどがテナントとして入る京急百貨店や京急WINGといった商業施設、さらにはオフィス棟も設けられています。オフィスには、福祉保健研修交流センター「ウィリング横浜」や、横浜市消費生活センター、京急アドエンタープライズ本社などが入居しています。

また、上大岡駅周辺には、オフィスや住居だけでなく映画やスポーツ、ゲームなどを楽しめる娯楽施設も充実しています。例えば、駅徒歩4分のところに70年代から存在する老舗商業施設「赤い風船」には、バッティングセンターやボウリング場など各種エンターテイメントが充実していますし、前述のmiokaにはTOHOシネマズやコナミスポーツクラブなどが入っています。ちなみに、「赤い風船」は創業45周年を記念し、装いも新たに「Aka-foo park(アカフーパーク)」として2017年にリニューアルオープンしたばかりです。

このように上大岡は、ショッピング、グルメ、エンターテイメントなどの施設が駅周辺に充実し、電車に乗らずとも大抵のことはこと足りてしまう便利な街になっています。

ショッピング施設も含め、飲食店が充実

上大岡にはショッピング施設だけでなく飲食店も豊富です。

上大岡のラーメンと言えば「中華 上大岡タンタン」

上大岡にはラーメン店が多いですが、その中でも特に人気のお店が「中華 上大岡タンタン」です。坦々麺をはじめ、餃子や炒飯、焼きそばなど定番の中華料理が楽しめます。名物の坦々麺は様々な香辛料や厳選されたひき肉、溶き卵などが入っています。また中華製麺所「長多屋製麺」の麺を使用しているので、モチモチの食感が楽しめます。上大岡を訪れた人には必ず行ってもらいたいお店のひとつです。

トラジ


ベジタブルファーストをコンセプトに、健康的なメニューを豊富に取りそろえた焼肉屋さんです。お店にはサラダバーが併設されており、野菜をしっかりと食べながら焼肉を楽しめます。名物の「生タン塩」や「赤タン塩」は、肉の旨味がぎゅっと凝縮されていて絶品です。焼肉をヘルシーに食べたい方や、体重や健康が気になっている方でも、罪悪感なく食べに行けるのが嬉しいですね。

焼肉きんぐ

焼肉きんぐは、テーブルで注文できるバイキング形式の焼肉屋さんです。おすすめは「きんぐコース」で、2,980円という値段で、ガリバタ上ロースやドラゴンハラミなどの絶品の部位を思う存分食べられます。チーズフォンデュのように、肉をチーズにダイブできる「チーズ焼肉」もおすすめです。家族や友人とお腹いっぱい食べたい時は必ず利用しています。

とんがらし

黒毛和牛を独自のルートで仕入れ、リーズナブルな価格で提供している焼肉店です。仕入れてから一度も冷凍せずにチルドしたお肉は、お肉のおいしさを損なわずに楽しめます。おすすめは黒毛和牛の「特選厚切りタン塩」で、牛の舌そのもののように分厚いのが特徴です。こんなに贅沢していいの? と思ってしまうほど分厚く、噛むほどに旨味と甘さが爆発します。牛タンの概念が変わるので、人生で一度は体験してもらいたいです。

あぶり屋


国産牛を炭火七輪で味わえる本格派の焼肉店です。時期によって肉の仕入れ先を変えることで、高品質のお肉をリーズナブルに提供しています。サイドメニューも充実しているので、居酒屋としても利用できるのが嬉しいポイントです。

牛角

大衆焼肉店の代名詞である「牛角」は、上大岡でも人気です。チェーン店ですが、こだわりは個人店に負けておらず、タレの漬け込み具合によってプロが0.1mm単位で厚みを調整しています。焼肉食べ放題コースもあり、バラエティに富んだサイドメニューも豊富なので、家族連れやカップルなど幅広い層におすすめです。

ビストロ ペイジュ


フランス料理出身のオーナーが切り盛りするおしゃれな焼肉店です。オーナーが作る特製ダレは絶品で、このタレを求めて多くの人が訪れます。お肉もオーナー自らが毎日仕入れ、最高の状態で提供されています。ちょっとおしゃれな雰囲気なので、デートや接待にもおすすめのお店です。

繁華街と閑静な住宅街が共存する住みやすい街

上述のように、駅前は商業施設や娯楽施設も充実し、大きなスーパーや薬局、病院など生活に必要なものはすべてそろうほど便利です。それにも関わらず、少し歩けば閑静な住宅街がひろがっているところが、上大岡の魅力のひとつです。
横浜エリアらしく、坂が多くアップダウンの激しいところもありますが、比較的治安も良く、一度住むと長く住みたいと思わせてくれる環境の良さがあります。

飲み屋などの飲食店が多いため、単身者の需要は高いですが、保育施設の充実や緑豊かな公園が点在するなど、子育てのしやすい環境もあってか、ファミリー層の人気も非常に高く、最近ではファミリー向け賃貸や分譲住宅が増加傾向にあるようです。

東側
東側は住宅街がメインなので、ファミリー層が住む一戸建てが多い印象です。駅ビルとして「京急ストア」がありますが、買い物できる場所はそこまで多くありません。落ち着いて生活をしたい人には最適な場所でしょう。

西側
西側にも駅ビルがあり、バスターミナルに直結しています。大通りは車の通行が多く、大型ショッピングセンターが立ち並んでいるため、買い物に便利です。また、小さな商店街「PASSAGE」も忘れてはいけません。買い物というよりは、飲食店がメインの商店街なので、食事や飲み会の時に活用してみてください。

これだけでは終わらない、上大岡の再開発

上大岡では、すでに完了している3つの再開発プロジェクトのほかに、もう一つ2014年から準備組合が発足され検討が進められているC北地区開発が、ゆるやかに進行中です。2018年の現段階では、市との協議が進められているところで、2021年度の着工を目標にしているようです。

計画では、現在富士ショッピングセンターや店舗ビルが建っている西口駅前の地区に、地下1階、地上31階の複合施設の建設を予定しており、低層階に商業施設、上層階に310戸の住居が設けられることが発表されています。

ちなみにこの地区は、もともと準備段階では現在のmioka(C南地区)との一体的な開発を目指していましたが、地権者の合意形成が難航したため、南北にわけての開発となり、miokaだけが先に完成したという経緯があります。

横浜市では、駅の移転から100年を超えて今なお工事中の横浜駅を、アントニオ・ガウディの未完の建築になぞらえて「横浜のサグラダファミリア」と揶揄する声もありますが、この上大岡のC北地区の再開発も、第2のサグラダファミリアにならないかと心配する声もあがっているようです。

春には大岡川沿いの桜も楽しめる

上大岡駅の西側には大岡川という川が流れています。この大岡川沿いを20分ほど歩けばTVなどのロケでよく利用されている有名なアーケード街「弘明寺商店街」へと出ることができます。
この大岡川の川沿いには、約6kmにわたって700本のソメイヨシノが川の両岸に植えられており、神奈川県内でも有数の桜の名所となっています。

このほかにも、上大岡駅から徒歩10分のところにある県立戦没者慰霊堂や、駅からバスで行くことができる久良岐公園など、少し足をのばせばたくさんの桜の名所に恵まれています。

自然も買い物スポットも充実の生活しやすい街

上大岡は買い物スポットも充実しており、生活環境も整っています。

ウィング上大岡

ウィング上大岡では最新のファッションから雑貨まで、様々なショップで買い物を楽しめます。また、カフェやレストランも充実しており、おいしいグルメを目当てに来店する方も多いようです。個人的なおすすめは「天麩羅 えびのや」で、サクサクの天ぷらがリーズナブルに味わえます。一人飲みにも使えるので、かなり重宝しているお店です。

TOHOシネマズ 上大岡
上大岡で映画を楽しむなら、TOHOシネマズがおすすめです。話題の作品からアート系の作品まで幅広いジャンルの映画を上映しています。レディースデイや夫婦割、シニア割なども充実しているので、家族や友達、カップルで映画を楽しんでみてください。

京急百貨店

京急百貨店は京急グループ唯一の百貨店です。婦人服から紳士服、ベビー用品、雑貨まで幅広く取りそろえており、主婦層から支持を得ています。若者客をターゲットにしたイベントも頻繁にあり、アニメ『ワンピース』とのコラボなども行われました。

ヨドバシカメラ
京急百貨店の9階に位置するヨドバシカメラでは、パソコンやスマホだけでなく生活家電まで幅広く取りそろえています。京急百貨店の中に入っているので、普段の買い物ついでに寄れるのが嬉しいポイントですね。

日行寺
日行寺は上大岡駅の東側に広がる住宅街に位置しています。もともとは火葬場の建設地でしたが関東大震災で崩壊、その後は新しい建物になり、今に至ります。丘の上にあるので、夜になると上大岡の夜景が楽しめるデートスポットにもなっています。

久良岐公園
上大岡を代表する広大な公園です。公園内には市電の車両が展示してあったり、池で釣りを楽しんだりできます。公園の北側には宮越記念久良岐能舞台もあり、ゆっくりと過ごすには最適な場所です。

どんな飲食店がある?
上大岡には、和食店(168件)が圧倒的に多く、次に多いのが居酒屋(93件)となっています。居酒屋の中でも焼鳥屋は41件と割合が高く、またカフェ(34件)や中華(30件)も人気のようです。

どんな飲食店に出店チャンス?

上大岡に出店チャンスがあると考えられるのは、やはり「和食」や「居酒屋」の業態でしょう。どちらかというと洋食系より和食系のニーズが高いようです。サラリーマンも多いため、安くで気軽に入れる定食屋や、主婦向けに子連れでも入れるレストランの需要も高いでしょう。夜は居酒屋からの流れでラーメンを食べる人が多いです。ラーメン店を開業するなら、深夜まで営業しているこってり系のお店が狙い目です。飲食店の開業を考えている方は、ぜひ上大岡も候補に入れてみてください。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
カフェの居抜き

上大岡の歴史


上大岡の歴史は古く、鎌倉時代には鎌倉道が通っていました。現在では鎌倉街道旧道「さかえ通り・グリーン通り」になっています。明治維新の1867年には50世帯が住んでいたと言われています。
1889年には町村制により12ヶ村が合併し、久良岐郡大岡川村大字上大岡と名称が変更になりました。街の繁栄に伴い、1920年には花街(風俗街)が誘致されにぎわいを見せます。1927年になると横浜市に編入され、中区上大岡町となりました。

周辺の主なスポット

・ゆめおおおか(駅ビル)
・京急百貨店
・ウィング上大岡
・港南区民文化センター「ひまわりの郷」
・ゆめおおおかオフィスタワー
・camio(カミオ)
・京急百貨店スポーツ館 スポーツオーソリティ
・横浜ヘリオスタワー
・富士ショッピングセンター
・神奈川県戦没者慰霊堂
・上大岡墓地
・イトーヨーカドー
・上大岡赤い風船(Akafoopark)
・大岡川

似た地域

金沢文庫
金沢文庫は、上大岡と同じ横浜市の京浜急行沿線の街です。ファミリー層に人気の住宅地であり、飲食店が豊富という点で上大岡と共通しています。
武蔵小杉
武蔵小杉駅は上大岡同様に再開発によって駅周辺ががらりと様変わりした街です。開発による都会的な雰囲気と、昔ながらの下町的雰囲気が共存するところも共通しています。
大井町
現在1丁目で再開発事業が進行中の大井町ですが、子育て支援施設なども整備され、完成すればファミリー層の需要がより高まりそうです。そういう意味でも上大岡と共通しています。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

横浜市周辺の居抜き物件一覧

客層

【平日/昼】
地元の主婦層や駅周辺のオフィスやテナントに務めている人たちがランチを楽しみに訪れます。メニューは1,000円以下のものが多いですが、主婦層がゆっくり平日ランチを楽しむ傾向にあるのか、1,000円~2,000円のトラットリアや和食店なども多く散見されます。
【平日/夜】【土日】
平日は仕事帰りの会社員、土日は近隣在住のファミリー層が多く訪れます。メニューは2,000円台~3,000円台というお店が多いようです。

人口特性

上大岡のある横浜市港南区の総人口は21万3,956人(2018年)です。その中でも世帯数は9万9,541世帯となっています。ファミリー世帯も単身世帯もどちらも多く住んでいるエリアです。男女比をみてみると、若干女性が多い傾向にあるようです。

乗降人数

上大岡駅には京浜急行線と横浜市営地下鉄ブルーラインの2路線が乗り入れています。京浜急行線の2016年度の1日平均乗降人員は14万3,904人で、京急線全72駅の中では品川駅に続いて第3位となっています。また、横浜市交通局の2017年度の1日平均乗降人員は7万4,722人で、同局の中では日吉駅に次いで第7位となっています。

賃貸相場

上大岡で部屋を借りる場合の相場は、ワンルームの場合5.57万円、1LDKの場合10.41万円です。同じ京急沿線の横浜に近い駅と比べて賃料は安めになっています。生活利便性の高い街の割には、比較的お手頃な価格で住めるエリアといえます。

店舗賃料相場

上大岡の店舗賃料は、月に20万円未満という方が最も多くいらっしゃいました。こちらが全体の46%を占めています。平均賃料相場の推移を見てみると、2017年に一度大きく上昇しましたが、2018年には元の数字以下まで下がっています。

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.