東京都港区の新橋は、ビジネス街として知れ渡っています。駅前広場では多くのビジネスマンやOLが街頭インタビューを受けると聞きますが、この街の特徴をよく示した現象といえるでしょう。一方、歴史的な逸話にも事欠きません。平安貴族を大いに驚かせた平将門の乱と無縁ではなく、鉄道発祥の地としても有名です。日常生活を支える施設も一通りそろっているので、生活拠点としても問題ありません。そこで今回は、ビジネス街以外の側面にも目を向けて新橋の特徴をご紹介します。

新橋ならではの多彩な魅力

新橋は行政的には新橋1丁目から新橋6丁目を指し、東は港区汐留、北は中央区銀座や千代田区内幸町に接しています。この立地環境を反映するように、新橋駅は出口によって多彩な姿を見せてくれます。人口は多いといえませんが、歴史的エピソードや移動手段に恵まれている点は大きな魅力のひとつです。

複数路線を選べるアクセス環境

新橋駅には、JR線と地下鉄からアクセスできます。JRを使えば東京・有楽町あるいは品川・浜松町の各駅から1駅であり、新幹線や飛行機から乗り換えても移動に時間はかかりません。地下鉄も東京メトロと都営地下鉄が乗り入れており、選択肢は豊富といえるでしょう。また「ゆりかもめ」の起点にもなっており、この駅を経由すれば汐留・お台場・有明方面にも足を伸ばせます。

バラエティー豊かな駅周辺

新橋駅の東側(汐留口側)は、ビジネス街の名前にふさわしく多くの企業の本社ビルなどが並んでいます。2001年には再開発も進み、汐留地区には新たな観光名所にもなっている汐留シオサイトが建設されました。同じくオフィス街が発展している丸の内にも隣接しており、この街には多くのサラリーマンが訪れます。

新橋駅の南西側には歓楽街が広がり、仕事帰りのサラリーマンにとって息抜きの場所。昔ながらの商店街もあり、買い物も楽しめるでしょう。烏森口側とも呼ばれ、平将門の乱と関わりのある烏森神社にも参詣できます。1932(昭和7)年設計のC11形蒸気機関車を見られる「SL広場」は、駅の北西側つまり日比谷口です。日本初の鉄道が開業した際、その起点になった新橋駅に似つかわしい展示物といえるでしょう。駅の北東側は銀座口であり、その名の通り少し歩くだけで銀座に到着です。落ち着いた雰囲気のなかでウインドーショッピングしながら、夜の銀座を散歩するとしても面倒はありません。

朝から仕事を頑張った人のために疲れをいやす場所が用意され、歴史的な遺産に触れられるうえ買い物にも不便しないなど、新橋駅周辺は多くの魅力に包まれています。

名前の由来は「新しい橋」

「新橋」という名称は、汐留川に架けられた橋に由来します。かつて汐留川は、港区の虎ノ門や中央区の浜離宮沿いを経由して東京湾へと流れていました。橋が渡された年代は明らかにされていませんが、古い橋であったといわれています。もともとの橋より新しかったため人々からは「新橋」と呼ばれ、町名にも採用されたという話です。現在の住所では、中央区銀座8丁目交差点の南側に位置します。1710(宝永7)年には芝口御門の造営にともない「芝口御門橋」と改称されますが、1724(享保9)の御門消失により旧名「新橋」が復活しました。

歴史的なエピソード

新橋は、歴史的な出来事とも縁があります。学校の教科書などでよく目にする「平将門の乱」も、その1例です。白羽の矢が、この乱と新橋をむすびつけました。反乱事件は940(天慶3)年に起きますが、朝廷から派遣された藤原秀郷により鎮められます。彼は、先勝祈願のために訪れた稲荷神社で、白狐(びゃっこ)から「矢」を受け取っていました。この矢が反乱を鎮定へと導いてくれたため、藤原秀郷は感謝の意を込めて新しい稲荷神社の創建を思い立ちます。その際、再び現れた白狐のお告げにしたがい、秀郷が選んだ創建場所が、新橋2丁目の烏森の地だったというわけです。

また鉄道マニアでなくても、国内で最初の鉄道は新橋駅~横浜駅間に開通したことを多くの人がご存じでしょう。1872(明治5)年開業ですが、その後、初代の新橋駅は「汐留駅」に改称されます。1877(明治10)年、モースが大森貝塚を発見したのも横浜から新橋へ向かう途中でした。1995(平成7)年、汐留駅跡地の再開発工事がはじまると発掘調査も行われ、営業当時の新橋駅の様子などが確認されています。

地元住民にとっての魅力

新橋はビジネス街というイメージが強く、居住地として意識する人は少ないかもしれません。しかし実際は、駅を少し離れると住宅街があります。いろいろなお店もそろっているので、生活には不便しないでしょう。スーパーが少なく食料品の入手に苦労するという声も聞かれますが、街全体を見渡せば食材の確保は難しくありません。

マッサージや整体関連のお店が30軒ほどと比較的に多く、美容室やネイルサロンと合わせて利用すれば髪の毛から爪の先まで全身のメンテナンスが可能です。カルチャースクールに通って、勉学などにも励めます。医療機関もクリニックだけでなく歯医者や接骨院もあるので、体調不良・虫歯・ケガに悩まされた時も心配いりません。

夜中となると駅前では泥酔者も多く、治安については賛否両論ありますが、生活していくうえで欠かせない基本的な機能がそろっているのがこの街のよさでもあります。電車も複数路線を使い分けられ、銀座・有楽町に加えて築地も歩ける範囲にあるため、立地については多くの地元住民から高く評価されています。

どんな飲食店がある?

新橋には、約7,800軒の飲食店があります。和食・洋食が約3,800店舗と半数近くに及び、合計すると2,600店舗以上ある居酒屋とBARを加えただけでも全体の8割を占めます。その他は、488店舗のカフェも含めて総店舗数の1割に達しません。

どんな業態が出店チャンス!?

繁盛店の近くに出店すると、その業態の知名度を高める苦労がありません。新橋で新規に出店するなら、和洋を問わず『食事処』と『飲み屋』に出店チャンスがあると考えられます。競合店が多いので、営業努力にも力を注げるでしょう。

関連ページ:業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
洋食・レストランの居抜き

周辺の主なスポット

・新橋ガード下
・ニュー新橋ビル
・ラ・ピスタ新橋
・浅野内匠頭終焉の地
・第一ホテル東京
・現代ガラス博物館
・桜田公園
・日比谷神社
・塩釜神社
・新橋住友ビル
・旧新橋停車場跡
・東急ステイ新橋
・レインボーホテル
・御成門中学校屋内プール

新橋に似た地域

■浅草
浅草の飲み屋街はお酒好きの人にとって聖地ともいわれ、何度も飲み歩きしたくなるほど居酒屋が多い点では新橋に似ています。
浅草(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■新宿
新宿は23区内において最も飲食店が多いというデータがあり、新橋と同じように有名な飲食店もたくさん営業している地域です。
新宿で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■有楽町
有楽町は新橋と同じく銀座や丸の内と隣接し、その立地環境を反映して駅前に繁華街が広がっている点も共通しています。

関連ページ:類似地域 周辺の募集物件一覧

浅草・新宿・有楽町の居抜き物件一覧
  

どんな客層?

【平日/昼】
ランチの平均単価は1,000以下。昼間は、新橋駅のある新橋2丁目だけでも人口が1万人以上、全体では5万人近くに達します。オフィス街ですので、来店する客層も通勤してきているビジネスマンやOLが中心になると考えられます。
【平日/夜】
ディナーの平均単価は3,000円~4,000円程度。夜間の人口は、新橋全体でも2,000人に達しません。主な客層としては、新橋から自宅へ帰宅するビジネスマンの他、夕飯の食材を確保する余裕のない地域住民が見込まれます。

人口特性

新橋を含む港区の人口は、同区の調査によれば2017(平成29)年11月現在では男性が12万人弱。女性が約13万4千人であり総数は25万4千人近くになります。しかし新橋に住んでいる人が多いという話は聞かれないため、港区全体に占める新橋の人口割合は低いと考えられます。

乗降人数(平均/1日)

2016(平成28)年度における新橋駅の利用者は、1日平均ではJR東日本の乗車人数が271,028人、都営地下鉄が47,646人です。また東京メトロとゆりかもめは2015(平成27)年のデータになりますが、おのおの、121,705人と33,440人です。JRが圧倒的ですが、東京メトロの乗降者も残りの路線の2倍以上に達しています。

関連ページ:乗降人数が近い地域の街紹介ページ

■関連ページ:中目黒で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:池袋で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新橋の賃貸相場

新橋駅周辺の賃貸相場は、ワンルームと1Kが13万円前後、1DKが14万円弱です。1LDKは20万円以上であり、2LDKは40万円を超えます。港区全体の相場に近く、同区内では平均的な家賃が設定されていると考えられます。

新橋の店舗賃料相場

新橋の店舗賃料相場は、2017(平成29)年12月現在、1階のテナントが坪単価で約48,000円、その他は約35,000円です。7月以降に上昇傾向が見られ9月には60,000円近くに達しますが、年間平均では28,000円ほどにとどまります。