映画作品や人気マンガの舞台として有名な葛飾区ですが、その南端、江戸川区と接する位置に新小岩はあります。街にある駅の名前は地名にも使われますが、その駅名は少し複雑な経緯を経て決まりました。駅前の商店街は昔と今が混じり合い、一風変わった雰囲気に包まれています。街の周囲を流れる3本の河川に行けば川釣りも楽しめるなど、新小岩は独特の魅力にあふれています。そこで今回は、この街について理解を深めるきっかけとして、町名および駅名の由来、個性的な商店街の様子、そこで開かれるイベントに欠かせないキャラクター、また川釣りの楽しみ方などについてご紹介します。

一言では表現できない新小岩特有の魅力

新小岩の範囲は、行政区分によれば新小岩駅の南側の新小岩1丁目から新小岩4丁目までですが、一般的には駅を中核として北側にある東新小岩や西新小岩なども含めた生活エリア全体を指します。

乗り換えの手間が少なく便利なアクセス環境

小岩はマンガの登場人物などで有名な葛飾区の南側にあり、東は江戸川を挟んで千葉県と接しています。

新小岩駅にはJR総武本線が乗り入れていますが、快速と各駅停車ともに止まるので秋葉原駅や東京駅から乗り換えなしで来られます。つくばエクスプレスを使って茨城方面から訪れる時や、新幹線で東京駅を経由した場合に手間がかかりません。

新小岩駅の近くには京葉道路や首都高速道路のインターチェンジがあり、街の東側には環状七号線が接しているので自動車によるアクセスも良好といえるでしょう。

町名にもなった駅名が決まるまで

「新小岩」の名は、JR総武本線の「新小岩駅」に由来します。駅名が町名に採用されたわけですが、当初は駅名として他の名前がつけられる予定でした。

駅が開業した場所には、まず1926(大正15)年に「新小岩信号所」が設置されます。乗客の乗降や貨物の積み込みはなく、信号機の操作場所として機能していたわけです。2年後に駅に昇格するのですが、最初は周辺地域の地名になっていた「小松」を使用しようと考えられていました。この地名は、冬野菜の代表として知られ鍋料理などに入れられる「小松菜」の由来になったといわれています。

そんな歴史的背景を持つ名称ですが、すでに「北陸本線小松駅」として使われており、区別するため「下総小松駅」にする案が示されました。しかし地域住民からいろいろな反対意見が出され、信号所の名前であった「新小岩」が駅名にも受け継がれます。こうして「新小岩駅」は営業を開始し、1965(昭和40)には街の名前も「新小岩」になったのです。

時間を忘れられる商店街

新小岩の魅力のひとつが、駅の南口から広がる「新小岩ルミエール商店街」です。アーケードがあるので、雨の日、買い物しながらぬれる心配はありません。

140軒ほどの店舗が新旧を問わず入り混じっていることは、大きな特徴として挙げられます。商店街を歩いているだけでも、昔ながらの下町の雰囲気と時代の流れにのった新しい空気を感じられるでしょう。商品のジャンルも多彩であり、衣類や雑貨、あるいは和菓子も購入できます。和菓子は持ち帰っても良いのですが、店内でも食べられるので歩き疲れたら一息つけます。また外国人に人気のある商品が、和風の小物です。お店には、日本らしいお土産を求めて海外からの観光客がたくさん訪れています。

さくらの時期や夏場には、それぞれのシーズンに合わせたイベントも盛んです。どのイベントも大勢の人たちで賑わいを見せますが、そこに登場するのが商店街公認のキャラクターである「よしむねさま」と「こまつなっち」です。実は、「小松菜」の名付け親は徳川吉宗といわれています。この地では江戸時代から小松菜が栽培されており、吉宗に献上された際、この名前が与えられたという話です。

その他にも、おいしい料理店や惣菜屋、カフェから飲み屋までそろっています。遊んでいると時間を忘れてしまうといわれるほどの場所ですので、一度は足を運んでみる価値があるでしょう。

アウトドア派には川釣りがおすすめ

新小岩には埼玉方面から荒川と中川、茨城・千葉方面から江戸川が流れてきており、川釣りも楽しめます。

テナガエビ釣りのおすすめスポットとして知られる釣り場には、平井大橋下と木下川水門があります。平井大橋までは新小岩駅から歩いて約15分、そこから700メートルほど上流に移動すると木下川水門です。いずれも、コンクリート護岸帯になっている地点が格好のポイントといわれています。

テナガエビは基本的に夜行性でありながら、曇っている日などは昼間も活動する習性があります。河川に護岸を目的とした消波ブロックなどがあると日陰になり、すき間に隠れている可能性は高いので狙い目です。肉食性のため、エサは安価なアカムシで問題ありません。満潮前後になると岸に寄ってくるので、潮位が上昇する時間帯を選びましょう。

体長は大きくても20センチくらいと小物ですが、引きは鋭いといわれます。それなりの手応えを味わえると思いますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一息つくなら新小岩公園

商店街の散策や川釣りの後は、駅の北側にある新小岩公園で骨休めすると良いかもしれません。

もともと鉄鋼関係の工場があった場所ですが、工場の閉鎖後、1985(昭和60)年に跡地を利用して開園されました。野球場を2面とれる規模のスポーツ広場や和室のある施設が整備され、地元の人はサークル活動などに利用しています。防災設備も備えられているため、災害時には避難所としても機能します。

駅の北口からは徒歩約6分、いつでも開園しており入場料は無料のため、気楽に足を運べるでしょう。11台収容できる駐車場もあるので、車に釣り具などを積み込んで訪れても良いかもしれません。

どんな飲食店がある?(1km圏内)

新小岩で一番多い飲食店は和食店で、233件です。その次に居酒屋200件と続きます。和食・飲食だけで全体の半数近くを占めるほど、人気を保っています。居酒屋の次に多い中華は52件で、2位の居酒屋とは148件もの差があります。

どんな飲食店が出店チャンス!?

新小岩で新たに飲食店を出店するのであれば、和食・居酒屋がおすすめです。このふたつは新小岩で多い飲食店のため、すでに知れ渡っている業態です。認知度が低い少ない飲食店より、高い集客効果が見込めるでしょう。

関連ページ:業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き

周辺の主なスポット

・江戸川区総合文化センター
・磯崎公園
・篠原風鈴本舗
・大島小松川公園
・トニ・ワンショッピングセンター
・ドン・キホーテラパーク瑞江店
・小岩PoPo
・マリーナリトルオーシャン
・アイアイハウス
・サイプレスイン東京
・江戸川競艇場
・小松川境川親水公園
・中川船番所資料館

新小岩に似た地域

■中野
新小岩は南側に繁華街があり、飲み屋やパチンコ店などが立ち並びます。中野も駅前に中野サンモールという大きな商店街があり、メイン通りを抜けると飲み屋が多いです。
中野で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■武蔵小山
ルミエール商店街は新小岩を象徴する長いアーケード街です。武蔵小山は都内でもっとも知名度が高い商店街(武蔵小山商店街)があり、どちらも有名な商店街があるという点が似ています。
■北千住
新小岩は公園や河川敷があり、都心にいながら自然を感じられる環境のエリアです。北千住も荒川や隅田川といった河川敷があるため、自然を感じることができます。

関連ページ:類似地域 周辺の募集物件一覧

中野・武蔵小山・北千住の居抜き物件一覧
  

どんな客層?

【昼】
ランチの平均単価は1,000円です。新小岩がある葛飾区は昼間の人口は少ないため、店内は騒がしくないでしょう。昼間は主婦や高齢者が多く来店されます。
【夜】
ディナーの平均単価は2,000円~3,000円になります。繁華街である新小岩は夜の方が人は多いです。客層はサラリーマンを中心とした来客が予想され、どこも賑わっています。

人口特性

新小岩の人口総数は16,131人、その内人13,164人が日本人、2,967人が外国人です。男女別で人口を比較してみると女性よりも男性が多く、8,425人(男性)に対し女性は7,706人と700人もの差があります。外国人・日本人のみで比較した場合も、女性より男性が多い傾向が見られました。

乗降人数

JR東日本の新小岩駅の平均乗降人員数は75,389人(2016年調べ)です。前年度の平均乗降人員数(74,135人)より増えましたが、JR東日本の原宿駅に抜かれ昨年の順位(60位)よりワンランクダウンしました。原宿駅と競り合うほどの乗降客数であることから、駅前はそれなりの人出が多いということでしょう。

関連ページ:乗降人数が近い地域の街紹介ページ

■関連ページ:笹塚で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:桜木町で居抜きで飲食店を開業するための街情報
■関連ページ:小川町で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新小岩の賃貸相場

新小岩駅周辺の賃貸相場はワンルームが62,000円、1K は70,000円、2Kは73,000円です。1LDKと2LDKはおのおの107,000円と122,000円、3LDKなら151,000円になります。葛飾区の賃貸相場と比較してみると、賃料は高い傾向です。資金計画を考慮しながら、運営方針にそった立地を選ぶことが大切です。

新小岩の店舗賃料相場

新小岩駅周辺の店舗賃料相場は、平均坪単価17,268円(最高坪単価43,142円・最低坪単価6867円)です。賃料別に見てみると40万円~60万円が32%、20万円~40万円が31%両方合わせると全体の6割を占めるため、40万円あればいい物件が見つかるかもしれません。