メニュー

御茶ノ水

至るところで個性豊かな街の表情が見られる街

特徴

教育施設や文化施設、老舗店舗が多い活気ある街

オフィスや学校施設、飲食店などが混在する街・御茶ノ水。学生が多い街として有名ですが、湯島聖堂やニコライ堂、神田明神などの歴史的建造物も多く、多くの観光客が足を運びます。

老舗店舗も多い味わい深い街

このエリアでは、昭和初期に創業して今も続く老舗がたくさんあります。中には、江戸末期、明治に創業したというお店も。近代的なオフィスビル群に囲まれる中、ひっそりとたたずむ古風な建物を目的に、足を運ぶ観光客も珍しくありません。

どんな客層?

【平日/昼】
ランチの平均単価は、1,000円以内です。千代田区の昼間の人口は85万人を超え、御茶ノ水の飲食店には大勢のサラリーマンと学生が訪れます。

【平日/夜】【土日】
ディナーの平均単価は、3,000円~4,000円です。同区の夜間の人口は6万人ほどであり、飲食店では客層の多くを区民が占めるでしょう。週末は通勤・通学者が減るため、休みの店舗も少なくありません。

人口特性

2018(平成30)年3月現在、千代田区の総人口は6万1,471人です。そのうち御茶ノ水エリアの中心となる神田駿河台(一丁目~四丁目)には546人、古書店街のある神田神保町(一丁目~三丁目)には3,218人が暮らしています。街の中心地域を合計しても区民全体の1割に満たず、来訪者に比べて居住者の少なさがうかがえます。

乗降人数

御茶ノ水駅における2016(平成28)の利用者を1日に平均すると、東京メトロ丸ノ内線の乗降者数が5万8,407人、JR東日本の各線の乗車数は10万4,816人です。地下鉄とJRの差は、乗り入れ本数の違いが反映されているのでしょう。

平均賃料相場

平均坪単価

31,492円

※2019年10月21日更新
※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。