メニュー

秋葉原

外国人観光客も多く訪れるオタクの聖地

特徴

オタクカルチャーの街、そして住宅街も

カルチャーの発信地としてにぎやかなことこの上ない秋葉原ですが、秋葉原駅から離れて神田方面へ移動すれば、閑静な住宅街が広がっています。利便性の高い立地であることから、家賃は比較的高い傾向にあるものの、駅周辺には飲食店が豊富でかつスーパーやコンビニも揃っています。都内に勤務するビジネスマンが一人暮らしをするのであれば、快適な生活が送れるエリアです。

電気街として栄えてきた歴史

オタク文化やアイドル文化といったさまざまなカルチャーの発信地として知られる秋葉原ですが、それ以前には電気街として栄えてきた長い歴史があります。駅近辺には、現在でも大型の電気店や中小の部品店が軒を連ねており、ほかでは見つからない部品を求めて多くの方が足を運んでいます。

どんな客層?

【平日/昼】
秋葉原のある千代田区はオフィス街であるため、昼間は通勤してくる方で人口が増えます。メニューの価格は、ビジネスマンが毎日でも気軽に足を運べる1,000円前後に設定しているお店が多数あります。
【平日/夜】【土日】
夜間になると千代田区の人口は減ります。飲食店を利用するのは地元住民が多くなりますが、家賃の高い千代田区に住めるのはセレブな方が多いため、飲食店のメニュー価格も3,000~4,000円と高めになっています。

人口特性

秋葉原に住んでいる方は、比較的男性が多くなります。電気街や飲み屋が多い秋葉原は、特に男性からの人気が高い地域です。交通アクセスが非常に良く、電気街を避ければ閑静な住宅街もあるため、住みたいと考える方が年々増えてきています。

乗降人数

JR山手線・京浜東北線・総武線「秋葉原」駅の1日平均乗車人員は246,623人です。東京メトロ日比谷線の場合は123,152人、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの場合は63,849人になります。年間の利用者は約2億7,200万人となる、非常に利用者の多い駅です。

平均賃料相場

平均坪単価

32,982円

※2019年10月21日更新
※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。

路線情報