メニュー

神田

オフィスビルや飲食店が多いビジネスマンの街

特徴

オフィスとサラリーマンが集う飲み屋街

オフィス街としての側面を持つ一方で居酒屋などの飲食店が充実しています。JR神田駅のガード下には立ち飲み屋がここ数年で新規オープンするなど、昔懐かしいレトロな雰囲気が漂う街です。昼間は近隣オフィスで働くサラリーマン・OL向けのランチタイムを提供する居酒屋も多く、夜と同じく安くて美味しいコスパが良いお店が人気です。

「神田駅西口商店街」という約100件の店が立ち並ぶ商店街は、飲食店をはじめ、薬局や傘店、酒屋、呉服店、靴店など昔ながらのお店がずらりと並んでいて地域住民や飲食店で働く人にも使い勝手が良いです。

どんな本でもそろう古書店街がある神田神保町

神田神保町は176軒もの書店が集まる世界有数の“本の街”です。「三省堂書店」や「東京堂書店」、「書泉グランデ」といった大型書店をはじめ専門書や珍しい古書を扱う古本屋など、規模やジャンルもさまざまなタイプの書店がありあらゆる本が売られています。
大型書店では新刊本や普通はあまり見かけないマイナー雑誌までそろっていて、神保町へ行けばどんな本でも揃うと言われています。

日本三大祭りの一つ神田祭が行われる「神田明神」

神田明神で行われる「神田祭」は、京都の祇園祭や大阪の天神祭と並ぶ“日本三大祭り”のひとつです。各町のお神輿が街を練り歩き平安装束や鎧兜を着た人々が時代行列やお囃子行列をします。海外からの見学客も多く都内有数の大規模なお祭りとなっています。

どんな客層?

【平日/昼】
平成27年度国勢調査によると神田のある千代田区の昼間人口は853,068人です。ランチタイムの客層は周辺で働くビジネスマンが中心。気軽に利用できるように、このエリアのランチ平均価格でもある1,000円以下に設定することをおすすめします。

【平日/夜】【土日】
平成27年度国勢調査によると千代田区の夜間人口は58,406人です。通勤してきた方たちが一斉に帰宅し大きく人口が減ります。夜には地元住民の飲食店利用が増えますが家賃の高い神田に住んでいる方は富裕層が多いため、ディナーの平均価格は3,000~4,000円です。

人口特性

神田が位置する千代田区の人口は平成31年3月の時点で64,098人となっています。地域によっては男女比に若干の偏りがあるものの、全体としては同じくらいの比率です。中でも神田は単身世帯が多い地域として知られています。

乗降人数

2017年度における神田駅の1日平均乗降人数は、R東日本神田駅が103,940人です。津田沼駅に次いで39位となっています。また、東京メトロの平均乗降人数は 60,720人で、東京メトロの130駅中で67位と、乗降人数で見ると中間よりやや多めの利用客と言えるでしょう。

平均賃料相場

平均坪単価

33,186円

※2019年10月21日更新
※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。