メニュー

東京

都心で働くビジネスマンで賑わう
多数の路線が乗り入れるターミナル駅

特徴

ビジネスマンと観光客が集まる中心地

東京は千代田区の中心に位置しており、地方や海外から集まる観光客や、都心で働くビジネスマンで常に賑わう。

大手企業や金融機関が入った高層ビルが多く、このエリアで働くビジネスマンが利用する飲食店や居酒屋で賑わう一方、美術館や娯楽施設といった観光客向けのビルも多数存在します。

多数の路線が乗り入れるターミナル駅であり、近辺の観光地へのアクセス環境も良好です。

文化の最先端を行く商業施設が多数

大型のビルの中に、アパレルや書籍を扱うお洒落なセレクトショップや、大通りに面して店を構える国内外の有名ブランドが多数並びます。

近くには銀座などの高級店が集まる街もあり海外観光客も多い一方、大通りから一本奥に入ったところには、小さな居酒屋や個人経営のカフェやレストランもありますが、サラリーマンのいない休日は定休日の店舗が多いです。

どんな客層?

【平日/昼】
東京が含まれる千代田区の昼間人口は、平成27年の時点で853,068人です。ランチの平均単価は1,000円以下となっており、東京で働くビジネスマンが主な客層となっています。

【平日/夜】【土日】
千代田区の夜間人口は、平成27年時点で58,406人です。ディナーの平均単価は1,000円以下と安めで、東京駅を利用するビジネスマンや観光客が主な客層となっています。

人口特性

東京がある千代田区丸の内の1丁目から3丁目までの総人口は31人です。オフィスビルや商業施設などの高層ビルが立ち並ぶこの地域では、住宅はほとんど存在していないことから、世帯数・人口数ともに非常に少なくなっています。

乗降人数

都心のターミナル駅である東京駅には、JRおよび地下鉄の各線が乗り入れています。2017年の1日平均乗降人員は211,558人です。2006年には140,486人だった1日平均乗降人数は2012年までかけて徐々に増え、2016年に204,287人となり現在の乗降人数に達しています。

路線情報